2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DV】ドメスティック・バイオレンス被害相談室。

1 ::2006/11/10(金) 20:00:13
天下の悪法;DV防止法の被害に合っている方、過去に合っていた方のための
情報交換の場です。 被害者同士、お互いに助けあいましょう。


2 ::2006/11/10(金) 20:01:38
Domestic violence WIKI
http://en.wikipedia.org/wiki/Domestic_violence#Psychological_violence

YAHOO NEWSドメスティック・バイオレンス(DV)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/domestic_violence/
YAHOO NEWS 冤罪
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/innocence/
Yahoo! News アルコール
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/drinks/?1156062895
飲酒運転問題
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/drunk_driving/
YAHOO NEWS ;Substance Use and Abuse
http://news.yahoo.com/fc/Health/Substance_Use_and_Abuse
YAHOO NEWS ;Alcohol and Alcoholism
http://news.yahoo.com/fc/Health/Alcohol_and_Alcoholism
Alcohol and Alcohol Problems Science Database
http://etoh.niaaa.nih.gov/


3 :「DVが生じにくいことの証明。」:2006/11/10(金) 20:03:18
Intergenerational Transmission of Partner Violence: A 20-Year Prospective Study
www.apa.org/journals/releases/ccp714741.pdf

 夫が、「DVがなかったこと」の蓋然性について、自分の成育歴の中で、両親の言い争いや実際の暴力場面をどのくらい体験したかを数え、間接事実とする方法がある。
つまり、自分の生まれ育った環境で、自分が体験した理不尽ないじめや、両親がどのくらいいがみ合い、自分が心を傷めたかを図表にし、暴力場面の目撃が少ないことを証明する。
 また自分の生育家庭にDVの危険因子がどれくらいあるかを一つ一つ客観的な証拠によって否定し、相手方と比較する。
http://www.cdc.gov/ncipc/factsheets/ipvfacts.htm
*若年
*低い自己評価
*低収入
*不十分な教育
*少年時代の非行歴/暴力的傾向
*アルコール乱用
*薬物乱用
*幼少時に暴力場面の目撃者/当事者
*社会的孤立ないし疎な社会的関係
*失業
*婚姻をめぐる対立
*婚姻の不安定要素
*家族における男性優位
*家族機能不全
*感情的依存と不安
*性別役割分担に関する強い確信
*人間関係における権力願望と支配
*配偶者に対する敵意と怒りの表出
*貧困
*不十分な社会的資産
* 悲嘆、失望、ストレス、挫折感など貧困に由来する要因
*DVに対する弱い抑止力



4 :「協力を拒む女たち」の特徴 :2006/11/10(金) 20:05:54
DAVID ADAMSの「暴力を選ぶ男たち」の特徴が普遍的でないのはなぜか?
「協力を拒む女たち」とでも銘打って、そのまま主語を女性にすると、
なんのことはない。

 1)外面と内面の不一致:目の前に誰がいるかによって対応が変わる人。
警察官や裁判官を相手にしたときも、実に巧みに自己イメージを演出する。
社会的地位や名声が、警察官や裁判官に予断を与える。
2)矮小化と否認:自分の協力拒否を「大したことはない」と弁解することと
要するにウソをつくことである。周囲の人間に、日頃からさりげなく
「*が暴れて困る」などと悩みを打ち明けたりして、自分の方が被害者だ
というイメージ作りをしている。
3)被害者非難と責任逃れ:自分が「自制心を失うきっかけ」を作るのは、
配偶者であり、自分の協力拒否の「引き金を引く」のは配偶者であって、自分
の協力拒否の責任は配偶者にあるというのが、常套句である
4)多様な支配行動:受動拒否とは、「暴力の自然爆発」ではなく、夫を支配する
手段としてサボタージュを選択することである。いわゆる「シーズニング」を行い、
配偶者を日常的に威圧し追い込む。
5)嫉妬心と所有欲:他の異性に対する配偶者の行動を監視し、干渉する。
6)子供の利用と虐待:配偶者をコントロールする手段として、しばしば子
供を利用し、監視させる。
7)酒/薬物への責任転嫁:精神疾患や酒害/薬物中毒に暴力が起因すると
理由づけを行う。

5 :頭頚部歯科領域の受傷歴の有無 :2006/11/10(金) 20:06:48
日本のDV防止法が誤動作する理由は、相談員(臨床心理士など)や弁護士が暴力そのものを体験したり、振るったことがないからである。
下記のガイドラインには、DV被害者の90%以上に頭部から頚部、歯科領域に外傷の痕跡があると明記される。 拘禁環境下の精神科病棟で目に付く暴力は、「パンダ」と
「根性焼き」である。目のまわりにくっきりと紫班(緑色)が円形にできているのが「パンダ」で、煙草の火傷が「根性焼き」である。顔と手と歯に頻回に受傷のないDVは、
洗脳後を頭に置いた方が正しい。

DV被害者に対する歯科医師の役割 (英語)
http://www.newswise.com/articles/view/520333/?sc=rsln
「パンダ」はこのフィルムの後半に出てきます。
PSA Domesic Violence
http://www.youtube.com/watch?v=nuW6Ao3JApM&mode=related&search=Domestic%20Violence

6 :米国画像資料に学ぶ:2006/11/10(金) 20:07:47
Domestic Violence - Say No
http://www.youtube.com/watch?v=n3JnegjKHM8&mode=related&search=Domestic%20Violence
 夫婦喧嘩というのは、こういうもので、女性の反撃がないということはありえません。
女性の場合、反撃が「ーをしない。」という不作為の形を取ることがあり、民法770条に
定める妻の有責性要因である「身体的精神的援助義務違反」に相当する可能性がある。

7 :精神的暴力について :2006/11/10(金) 20:08:22
DV冤罪の問題は、Brainwashing、Coercion、Mind controlという総論がなく、個々の断片的なエピソードを集めればいいという安易な手法が蔓延したことにあります。
外側からマインドコントロールされた人は、妄想性障害類似の症状を呈する。否認、精神不活発、自己催眠、解離、受動攻撃と爆発的憤怒の両極を彷徨い、 自信をなくす。
相手方が症状を列記しDV被害であって、原因が夫にあるとした場合、次項目の除外を十分に行わなければ、正当に評価できたとはいえない。

1.相手方の右症状の存否。
2.DV支援サイトの関与の有無。
3.カルト団体や独断的治療者の関与の有無。
4.相手方の飲酒。尊属の飲酒、相手方の母親拘束による症状の有無。
5.器官劣等性など家族内限界設定の存在。
6.当事者の生育環境の心的外傷体験の有無。(陳述書に再演されることが多い。)

Brainwashing Tecniques
http://www.heart-2-heart.ca/men/page3.html
 reFOCUS: Recovering Former Cultists' Support Network
http://www.refocus.org/coerchrt.html
 洗脳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%97%E8%84%B3
 マインドコントロール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB
Cult
http://en.wikipedia.org/wiki/Cult
 Brainwashing
http://en.wikipedia.org/wiki/Brainwashing
 Coercion
http://en.wikipedia.org/wiki/Coercion
 Mind control
http://en.wikipedia.org/wiki/Mind_control

8 :女性の側の心的外傷の再演 :2006/11/10(金) 20:09:37
体験者「自分大切に」 DV被害者支援講演会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061106-00000004-ryu-oki
12日に始まる「女性に対する暴力をなくす運動週間」を前に「ドメスティック・
バイオレンス(DV)の真実」と題した講演会が5日、県男女共同参画センター
「てぃるる」で開かれた。被害者支援活動を行っている「レジリエンス」代表の
中島幸子さんと講師の西山さつきさんが、自らの体験を基にDVの背景や実態を報告。
「暴力が大きければ大きいほど、そこから逃げられなくなる。心に受けた傷は今も後遺
症として残っている」と話し、DVが被害者の身体だけでなく精神にも深刻なダメージを
与えることを訴えた。

女性は、配偶者と会うまでに、シーズニングにあって、心的外傷を反復して負う
経験がないと言えるか?心的外傷の再演が、微塵もDVの誘発に寄与していないと
いえるか。
 つまり配偶者間暴力の発生に、女性側の心的外傷の再演が全く寄与しないということは
考えられない。一方的に男性側の要因を認定し、有責とする司法判断は浅薄で、実態に即
したものではない。

9 :DVの子供への影響 :2006/11/10(金) 20:10:47
 DVの子供への影響
http://www.junglecity.com/pro/dv/4.htm

 上記のようなDVの影響がないことは、不存在の証明です。


10 :家庭環境の子供への影響 :2006/11/10(金) 20:11:59
GOOD GIRL
http://www.youtube.com/watch?v=mf0KXUYOjDM

 飲酒の耐えない家庭は、子供は子供でいることができず、周囲と隔絶した暮らしをして
います。飲まない家庭に比べ、いらないことに気配りをしないと生きて行けません。

Law and You: Divorce Documentary
http://www.youtube.com/watch?v=SRXet0cacWQ
あなたの大切な子供が将来、心的外傷から若年性アルコール依存症になってしまったら?
The consequences of alcohol
http://www.youtube.com/watch?v=Pp6kmnNJh60
Alcohol
http://www.youtube.com/watch?v=BZdzzCy_GYQ


11 :DVの切迫性 :2006/11/10(金) 20:13:08
http://video.google.com/videoplay?docid=-5107366147047354478&q=domestic+violence

 あなたがDVの置手紙を見つけたとき、このような119番はそれまでにありましたか?
 DVというのは、これくらいの切迫性があります。準備書面で、ちんたら暴力と主張す
 るのは、親権確保でしかありません。


12 :I'm a Survivor:2006/11/10(金) 20:14:46
I'm a Survivor
http://www.youtube.com/watch?v=qj8C3pofOmM

 「DVシェルターで多くの傷ついた人と働いたことを忘れない。」
 と語り、小集団への帰属を語っている。感情が無く、単調に
 語っており、解離性記憶が統合されていない。
  自分の身の回りの世話はまだできず、自分の関わる世界を狭め
 (狭窄)、他人の言葉で自分に対する統御を回復しようとこころ
  みているが、うまく語ることはできない。
  「私は変わらなければならない」「私は、自分自身を発見しな
  ければならない」「私は、中途退学したけれども、もう一度単
  位を取るつもりだ」
   政府や市長に訴えているといい、自分の周囲にある悪を告発
  し、普段であれば無視できる些細な刺激にも反応し、戦いを挑む。
  外傷的事件は、被害者が持っていた「この世界は安全だ」という
  確信を打ち砕くが、救いを求めて泣き叫ぶことも忘れる。
   飲酒の影響(眼振)が見られ、事態を複雑にしている。

13 :協議離婚で済みそうなことを:2006/11/10(金) 20:15:45
why do women get divorced
http://www.youtube.com/watch?v=QCHVuFnu2Sk

 こういう協議離婚で済みそうなことを、DVの精神的暴力だと言ってみたりする
 のは行き過ぎである。それ以前に、柳行李を枕元において、衣類を置くように
 張り紙して解決してほしい。

14 :離婚のもたらすもの :2006/11/10(金) 20:17:52
わが子を心配する父親
http://www.youtube.com/watch?v=LqY2SzpgY-s&search=divorce%20PTSD
   離婚を語る母親
http://www.youtube.com/watch?v=I1kMTkc_FI4

この離婚された各々の方は、ばりばりのPTSDです。 どちらも喜怒哀楽が失われ、モノトーンな調子です。
しかも健康状態もよくない。話すときに、 自分の辛い感情を避けて話すので、うわずったように聞こえます。
涙が出てきません。 これは、PTSDです。 「辛い・悲しい」という表現が出てきません。
男性は、また自分が打ちのめされるのではないかとわずかな刺激に耐えられません。女性は、経済的苦境がに
じみ出ており、宗教的に記憶を再構成していますが、人生の多くが解離されたままです。男性は、明らかに
睡眠不足で、震えながら話しています。女性は、のどの調子がよくありません。
 男性は、頭を下げて顔をしかめてから話します(侵入)が、自分から「辛さ」を避け(回避)、自分の関わる
範囲を狭めて(狭窄)います。
 子供は、このようなおとうさん、おかあさんのことをどう思うでしょうか?
注目して欲しいのは、毛髪の薄さです。枕なんかどうでもよくなるんですね。

15 :心的外傷の再演:2006/11/10(金) 20:18:50
Violenta
http://www.youtube.com/watch?v=25L69jQJx_U

 教科書的には、DV加害者にはこの心的外傷の再演があるということなわけだが、
ところが、これが女性の側で作動することについて、フェミニストは考えていない。
DVが男性の問題だとするのは、BATEERED WOMANへの反動に過ぎず、女性の側での
一見、目立たないサボタージュ様の心的外傷の再演について考えていない。


16 :MenNewsDaily.Com :2006/11/10(金) 20:19:30
海外で、父権・共同親権について、ダイジェストで意見を集めたサイトを見つけました。
 ご覧ください。

MenNewsDaily.Com
http://www.mensnewsdaily.com/

17 :「打撲」:2006/11/10(金) 20:20:19
DOMESTIC VIOLENCE
http://www.youtube.com/watch?v=gTM845aqCks

このプロモーションビデオは、医者の見ているDVに近い。
写されているのは「打撲」である。

18 :支援サイトの盲点・取調べの心理:2006/11/10(金) 20:23:11
感応精神病の共通の源は、総合影響性と人間の模倣本能の中にある。感応性の精神病が
起こりやすいのは、被影響性の大きい人で、軽信性や情緒興奮性や命令に従いやすい性
質がその道を開く。感応を引き起こす側の患者の精神病が、引き起こされる方の病気の
特別の原因でなくてはならない。一般に感応される側に、感応を呼び起こす方の患者を
不穏にする同じ敵対的脅迫や疑わしい物音や態度や身振りが姿をあらわす。
 軽信や判断力のなさ、迷信や狂信の傾向は、他人の妄想観念の引継ぎが起こりやすい
基盤である。他人の妄想的な観念の純粋に道理にかなった承認というものは、個人的に強
い情緒的アクセントを持つ仲間に対して知らず知らずにさらに発展し続ける。患者を完全
に健康と思い、追跡や損害やあらゆる種類の妨害に関する患者の陳述を事実と思い込む。
さらに、偽の追想が発展することがある。
頻繁な尋問後には、証人たち相互の影響的な経験に応じて、過去の像は引き継がれた妄想
成分に曇らされ変化する。通常、感応を及ぼす患者の判断の下に自分自身の判断を無抵抗
に従わせるようになり、あるいはもっと正確にいえば、このような隷属が起こる時にのみ、
その影響は病的な刻印を帯びる。
ずっと一緒に生活している場合には、感応される側の患者の外的な態度全体もあらゆる細部
まで、手本となる方の人に束縛されることがある。両方の患者は、互いに極めて密接につな
がり合い離れられなくなり、同じ服を着て、同じいいまわしをし、姿勢や歩き方まで互いに
調子を合わせる。患者の同調者たちは、自分の信念に基づいて正義の訴えに勝利を得させる
ためにあるとあらゆる闘いをする。


19 :DVがあると主張するほうが立証責任を負うべき:2006/11/10(金) 20:25:28
悪魔の証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E
「あることの証明」は、特定の「あること」を一例でも提示すれば済む。しかし、
全称命題を対象にする「ないことの証明」は、全ての存在・可能性について「ない
こと」を示さねばならない。
すなわち、「ないことの証明」は「あることの証明」に比べ、困難である場合が多い
(検証と反証の非対称性)。例題:第二次世界大戦では鎖鎌を武器にした兵士がいた。
これを「ないこと」として否定する場合は第二次世界大戦に参加した人間全てを調べ
なければいけない。しかしそんな調査は実行不可能である。
 一方一人でも鎖鎌を使ったと言う人間が居れば他の人間は一切調べる必要がないので、
あることを証明することはとても容易い。 このため、議論においては、「ある」と主張
する側が、「ある」を証明すべきであると言われることがあり、このようなルールにも、
一定の合理性があると言える。

20 :準備書面における「変態」の主張について:2006/11/10(金) 20:27:52
  
最近、準備書面に「意に沿わぬ変態行為」を強要されたとの表示が散見されると
聞くが聞くが、そもそも「変態行為」がどのようなものか誤解している。
 「変態」の基本は、アメリカで言う儀式的虐待である。
http://en.wikipedia.org/wiki/Satanic_ritual_abuse
 
 レンタルビデオ店で貸し出されるような内容と家庭の寝室での行為が等価でない
ことはいうまでもないが、アロマ企画に代表されるような変わった一群が「変態」
に近い。
「変態」の代表例は、
 @どうしても止められない屋外露出
 @人間が対象でないもの
 @鶏姦
 @家畜人ヤフーに語られる内容
 @幼小児姦
 @切腹マ二ア
 @違法薬物使用
  と一般の人が考えているよりもはるかに裾野が広い。
 お育ちのよい女性弁護士さんが考えるようなものではない、と
言っておかねばならない。「変態」の強要は、「儀式的虐待」の定義を
満たし、かつ精神的暴力の「強要の図式」の定義を満たすものになるはず
である。


21 :あなたは、これでも児童相談所に子供をゆだねるまで放置できますか?:2006/11/10(金) 20:29:48
http://www.nurs.or.jp/~miyazaki/news/2002-4/2002-5-6mainiti2.htm
男性職員が近寄ると、当時9歳だった##君は背を丸め、布団の脇で吐き続けていた。
##君は全身打撲などで病院に運び込まれた。施設長(62)は病院に車を走らせた。
14歳だった##君ら数人からの暴行は40分間に及んだ。顔など全身を殴られる。
プロレスの技をかけられ、床にたたきつけられる。きっかけは、おやつの時間に遅れ
て食べ損ねた##君たちを##君がからかったこと。4年前の冬の日だった。

これで本当に父親が不要だと言えますか?  


22 :日本の拘禁施設:2006/11/10(金) 20:31:13
日本の拘禁施設(精神科病院・矯正施設・代用監獄)は、国際的に
人権が守られていないと非難を浴びています。
<代用監獄>
代用監獄
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/7136/daiyo.html
ニックベイカーに正義を!
http://www.justicefornickbaker.org/ja/justice.htm
代用監獄「ケダモノ扱いされた」
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1736685/detail
代用監獄問題とは何か(上)
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1903200/detail
全房が監視できる扇形の代用監獄
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/daiyoukangokusyasinn.htm
留置場における生活 - 警察の留置業務(警察庁)
http://www.npa.go.jp/syokai/ryuchi/kyositu.html
「留置場の“全裸検査”は違憲」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/07/18/20020718000024.html
留置場見聞録
http://blog.so-net.ne.jp/ryuutijo-kenbunroku/


23 :誘導尋問:2006/11/10(金) 20:33:34
「誘導尋問の排除方法。」  
「供述の心理」 植松正 成文堂 1975
という正しい尋問の仕方を解説した本があります。弁護士や検事が事実関係を
明らかにするのに、どのように尋問すればよいかを解説した本です。
植松正さんは、
(1)疑問視問 「いつ、どこで、何を見たか?」
(2)完全選言問 「それは、10月1日の出来事か、それとも別の日の出来事か?」
(3)不完全選言問 「それは、10月1日の出来事か、それとも6月1日の出来事か?」
(4) 認否問 「それは、10月1日の出来事か?」
(5)肯定問 「それは、10月1日の出来事ですね?」
(6)否定問 「それは、10月1日の出来事ではないですね?」
(7)前提問 「その男のかぶっていた帽子はどんなものか?」

 (2)−(6)は、できごとが10月1日に生じていたのではないか、という
暗示を含んでいるので、(1)に比して暗示性が高いといえます。(7)は、「男
が帽子をかぶっていた」ということを前提に話を進めるので、暗示によって誘導を
与え、複数重ねることで、事実関係を捻じ曲げるものである。
 としています。
 このような誘導尋問の積み重ねが、相手方弁護士や検察官の尋問に見られたら、不適切な
誘導が行われた旨、主張すべきです。
 また、裁判官は、このような供述を部分否定を二重否定する論法で縫合(供述縫合)し、
より便宜性の高い証拠とするので、対抗手段として、裁判官の否定できない証拠を多く集める
べきです。

24 :心的外傷後ストレス障害:2006/11/10(金) 20:35:19
心的外傷後ストレス障害の治癒には、
「心的外傷と回復」J.L.ハーマン みすず書房  
だけ線を引いて熟読する。
必要なことは、おおむね書いてある。

心的外傷の中核は、無力感と他者からの離断である。
権威的地位にあるすべての人間に対する感情反応は、
恐怖体験によって歪んでいる。
あって当然とされる信頼するという能力が、外傷体験に
よって損なわれているからである。彼らは、また不意に
襲ってくる刺激に対して極端な驚愕反応を示す。外傷を
被った人は、そうでない人ならちょっとうるさいなと思う
刺激の反復でもこれをダイヤルを他のチャンネルにまわし
て消去してしまうことができなくなる。彼らは、繰り返さ
れる刺激ごとに、それが新たな不意打ちであるかのように
反応する。


25 :DV防止法の立法瑕疵; 「精神的な暴力」という不明瞭な概念。:2006/11/10(金) 20:44:45
DV防止法の立法瑕疵; 「精神的な暴力」という不明瞭な概念。
http://japanese.joins.com/forum/board/view.php?no=51031&page=1

26 :Equal Justice Foundation:2006/11/10(金) 21:08:35
Equal Justice Foundation
http://www.ejfi.org/
米国随一のDV被害を詳述したサイト。年25ドルの会費。

27 :FATHERS (共同親権を目指す父権団体;会員制):2006/11/10(金) 21:11:08
FATHERS (共同親権を目指す父権団体;会員制)
http://www.fatherswebsite.com/


28 :男女共同参画推進:2006/11/10(金) 21:12:15
原宿カウンセリングセンター(信田さよ子ブログ)
ttp://www.hcc-web.co.jp/profile/index.html
ファイトバックの会
ttp://fightback.exblog.jp/
 大沢真理HP
ttp://www.iss.u-tokyo.ac.jp/~osawa/index.htm

日本女性学研究会
http://www.jca.apc.org/wssj/
女性関連情報リンク
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0050/toppage/link.htm


29 :書籍:2006/11/10(金) 21:13:42
1.「子供の奪い合いとその対応」
 第一東京弁護士会 司法研究委員会
         日本弁護士会館 地下1階にて販売。
 家事調停に入ったら、購入しておきましょう。

2.4訂 民事訴訟第一審手続の解説 ―事件記録に基づいて―
 司法研修所・監  発行所:法曹会 
 定価(税込):\1,575,-  本体価格:\1,500,-

 離婚請求事件の前に、民事訴訟とは何か理解する本。法律専門書籍のため、至誠堂書店 http://www.shiseido-shoten.co.jp/
  丸沼書店  http://www.marunumashoten.com/
や、ジュンク堂 池袋店などで購入しやすい。

  (参考)本人訴訟(民事訴訟手続の流れ)
http://www009.upp.so-net.ne.jp/nakazawa/cp-2.htm
;弁護士は必要です。

3. 告訴状・告発状モデル文例集 水野 基 著 新日本法規


 また司法試験浪人のための予備校(辰巳法律研究所など)の書籍は、
法学がはじめての人は、わりと民事訴訟がどのようなものかつかみやすく、
一冊はあってもよいと思います。

30 :国会図書館:2006/11/10(金) 21:15:01
<資料の収集>
国会図書館のご利用をお勧めします。(関西館あり。)
地図、電話帳、判例、名簿(古いもの)など下調べに必要なものが一回に手に入ります。東京で、日本弁護士連合会の図書館(非公開)でないと手に入らないものはここで手に入れておきましょう。
 
弁護士資格・懲戒事件議決例集 第1集
出版 : 日本弁護士連合会
サイズ : A5判 / 309p

再審 続
税込価格 : \3,675 (本体 : \3,500)
出版 : 日本評論社
サイズ : A5判 / 497,5p

 こういった本は、今は購入できず、国会図書館を訪ねるのが最良です。

  国会図書館
http://www.ndl.go.jp/
   交通手段
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/route.html
  複写料金表
http://www.ndl.go.jp/jp/service/near/copyfee.html
  お近くの図書館から
http://www.ndl.go.jp/jp/service/near/index.html
大学図書館
http://www.jla.or.jp/link/univ.html

女性学CASS(DV関係文献の検索)
http://winet.nwec.jp/hbs/index.html
  DV関係の書籍は、まず
 日本嗜癖行動学会誌バックナンバー
http://www.iff.co.jp/jrnl/ABC/jrnllist.html
 などを国会図書館などで押さえましょう。


31 :内容証明郵便:2006/11/10(金) 21:15:50
自分でできる内容証明郵便
http://www.jibunde.net/naiyou/


32 :father's world(父権を主張する父親のサイトのWeb Ring):2006/11/10(金) 21:16:41
father's world(父権を主張する父親のサイトのWeb Ring)
http://f.webring.com/hub?ring=fathersworld


33 :DV防止法犠牲家族支援の会:2006/11/11(土) 08:21:40
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin258.html

34 :心的外傷と回復 303頁:2006/11/12(日) 10:35:31
心的外傷と回復 303頁
この事例においては患者に向かってあなた自身が被害者なのであり、
殴打の責任はすべて夫にあると言ってやるだけでは不十分であって、
自分を被害者だ被害者だとしか思っていない間は、どうして局面を
打開したらよいか途方にくれているばかりであった。子供達に対し
ては自分に責任があることを認めることによってはじめておのれの
パワーとコントロールを取り戻す道が開けた。

35 :分離の悪しき効果:2006/11/14(火) 01:30:13
会えないだけではない。田中被告に対しては「児玉はオマエの命を狙っている」、児玉氏に対しては
「田中はオマエを殺そうとしている」という「情報」が吹き込まれている。つまり、両者を別々にし
た上で、互いに不信感をかき立て分断しようという陰謀である。しかし隔絶された状況での情報操作
というのは思いがけない圧力となって当人たちの心をかき乱す。この種の攻撃は軽視してはならない。

http://www.zorro-me.com/miyazaki4/tanaka_kodama/zetuen.html


36 :保護命令後の危険:2006/11/14(火) 01:34:50
5. The most common version of stalking reported to the Equal Justice Foundation is
a woman who takes out a protection order against a man and then stalks him with
cell phone in hand. When she finds him, she calls the police, who then must (law
reads "shall") arrest the man for criminal violation of the protection order
under C.R.S. § 18-6-803.5(3)(b) .

 保護命令を持って夫をストーキングし、夫を見つけしだい警察に通報して監獄に落とす
女性がいる。

If there are multiple offenses against the protection order the law requires
that the sentences be served consecutively.

複数の保護命令違反があると、保護命令は継続される。夫が町の東半分、妻が西半分
に住んでいると、夫は妻から頻回の嫌がらせを受け、危険である。

  Domestic Violence Against Men In Colorado
  http://www.dvmen.org/dv.htm#DVtitlepage

37 :保護命令の有効性に疑問符(1):2006/11/14(火) 01:37:30
 米国で、保護命令が下ったあと、妻が殺害されるケースが散見され、
本当に裁判所の保護命令の有効性が問われている。

Tina Esparza was reportedly terrified of her estranged husband during the
final months of her life. "I can't help but wonder," she wrote in an e-mail
to her attorney, "what else he is going to do to 'make me pay' before he
leaves." In e-mails, she told friends how messy her divorce had become, how
angry her husband was, how she feared what he might do next.

Tina Esparzaは、殺害される前の数ヶ月、弁護士に夫の報復を
恐れる旨、手紙を書き、離婚がどんなに惨めだったかをE-mail
で友人に書いていた。
 
In January, 2004, Mrs. Esparza called police and asked them to increase patrols
at the parking lot at the Englewood, Colorado, City Center where she worked in
the municipal court. Her friends organized a buddy system to walk her to her
car every night.
 2004年1月に、Mrs. Esparzaは、勤務先の車庫で、警察にパトロールを
増やすように要請し、職場の友人も協力した。

38 :保護命令の有効性に疑問符(2):2006/11/14(火) 01:40:25
 In early April, Mrs. Esparza had her truck taken; she told police she suspected
her husband. Because the Esparzas were still married, police didn't pursue a car
theft case, but an Englewood police division chief told officers to keep a closer
eye on the parking lot at the city center where she worked.
 4月に、Mrs. Esparzaの車が盗まれ夫の仕業ではないかと警察に語った。彼らはまだ
結婚したままだったので、警察は捜査せず、署長はパトロールを増やすように命令した。
 
On May 14, 2004, Tina Esparza was killed at 12:43 PM as she walked in the Englewood
City Center parking garage. She was shot once in the chest and died with her car
keys in her hand.
 2004年5月14日、12時43分にTina Esparzaは、勤務先近くの駐車場で殺害された。
Tina Esparzaは、胸部を銃で撃たれ、自分の車の鍵を手にしていた。
 Prosecutors have arrested and charged her husband, 37-year-old Gabriel Esparza, with murder.

39 :保護命令の有効性に疑問符(3):2006/11/14(火) 01:41:36
The National Violence Against Women survey (NVAW, p. 52) found that approximately
one-half of the protection orders women took out against males were known to have
been violated and nearly one-third of the orders men had against women were
basically ignored.

 NVAWの調査では、女性を守る保護命令の1/3は守られず、男性を守る保護命令の1/2
 は無視される。
 
 Domestic Violence Against Men In Colorado
  http://www.dvmen.org/dv.htm#DVtitlepage



40 :DV防止法は、親権確保の悪しき手段であるとの意見:2006/11/14(火) 01:45:26
 ジャーナリストPhyllis Schlaflyのオピニオンです。

Domestic violence law abuses rights of men 
(The San Diego Union Tribune/Phyllis Schlafly)
http://www.signonsandiego.com/uniontrib/20060512/news_lz1e12schlafl.html

The ABA report states flatly: “Domestic violence does not necessarily
involve physical violence.” The feminists' mantra is, “You don't have
to be beaten to be abused.”

 弁護士連合会は、「DVは、物理的暴力でなくともよい。」とシラッといい、
 フェミニストは、「あなたは、たたかれたり、虐待されなくていいのよ。」
 とマントラをとなえる。
The DV Scam Knowing that a woman can get a restraining order against the father of her children
in an ex parte proceeding without any evidence, and that she will never be punished for lying,
domestic-violence accusations have become a major tactic for securing sole child custody.
Phyllis Schlafly

 女性は、子供の父親であることに反する命令(裏付けのない)を受け取っただけで、
 うそをついても罰せられず、DV提訴は単独親権を確保する手段に過ぎない。
 

41 :ストーカー規正法:2006/11/14(火) 01:49:38
DV防止法には、保護命令、接近禁止命令など裁判所の下す命令があります。
ただし、別居した(元)配偶者の近くに行くことが、ストーカー規正法に違反する
と考えて、警察署長の権限で警告(第四条)を乱発できるようです。
なお、この警告は、行政指導の一種であって、当該行為者の権利を制限するよう
な法律上の拘束力を持つものではなく、行政不服審査法、行政事件訴訟法の対象で
はなく、対抗方法がありません。
小田中教授(専大)は、同法について罪刑法定主義違反、適正手続違反の疑い(要
するに憲法違反)があると主張しています。


42 :同じ裁判官が刑事と民事双方の判断をする「付帯私訴制度」:2006/11/14(火) 01:54:02
同じ裁判官が刑事と民事双方の判断をする「付帯私訴制度」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060731-00000007-mai-soci
犯罪被害者のための施策として、法務省は、被害者が刑事裁判の公判で
当事者席に座ることを新たに認め、加害者(被告)に直接質問できる制
度を設ける方針を固めた。これまで直接質問はできなかった。刑事裁判
の手続きに併せて被害者が加害者に損害賠償を請求し、同じ裁判官が刑
事と民事双方の判断をする「付帯私訴制度」も導入する意向だ。9月に
法制審議会に諮問し、来年の通常国会に刑事訴訟法などの改正案を提出
するとみられる。

裁判官の判断のあやまりの多さを省みない決定である。

43 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/14(火) 01:56:03
12フィニッシュ

44 :鳥取県の人権救済条例見直し検討委員会の議事録:2006/11/14(火) 02:00:44
鳥取県の人権救済条例見直し検討委員会の議事録PDF
http://www.pref.tottori.jp/jinken/jorei-kyusai_kentou06.07.23-gijiroku.pdf
この中でDV法の運用状況として、冤罪嫌疑の問題について現場(婦人相談所)からの
意見が上がっている。
  国の制度に整合性が取れていない
  離婚を有利に進めるためにDVを申し出るケース
  DV事案が裁判所の調査で覆ったケース
など、不十分かも知れないが、公開の席で述べられている。


45 :いのちの電話:2006/11/14(火) 11:37:13

いのちの電話
http://www.inochinodenwa.or.jp/03-denwa.htm
自殺防止センター東京
相談電話 03-5286-9090
年中無休  夜8時から 翌朝6時まで
大阪 自殺防止センター
06−4395−4343

46 :関連スレッド:2006/11/14(火) 18:49:36
離婚は子供にとって大迷惑!2
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1133098301/
離婚ー子どもと離れて暮らす父親
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1145782112/
離婚問題に直面している人たち 集まれ!その7
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1153668362/
【シンセツ】離婚経験者が即答する離婚相談所【アンシン】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1151771954/
 DVと離婚を考えるスレPart5
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1125761575/
 【DV】ドメスティック・バイオレンス 2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1155071348/
児童相談所に関係した雑談・相談スレッド
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1087983329/

【母子寮】母子生活支援施設【門限・当番】
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1150518949

47 :片親引き離し症候群:2006/11/16(木) 09:52:29
片親引き離し症候群
http://www.atomicweb.co.jp/~icuspringor/html/papers1.html
子供が片親であることのデメリット2
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1137338036/

48 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/16(木) 12:41:30
ここにきてたか。w
片親でも、DV男と一緒にいるよりも、
はるかにましだ。
不倫の末に離婚したのとは違うぞ。


49 :新生活:2006/11/16(木) 13:15:54
だいぶましだよね 両親そろっていても暴力があるなんて考えたら最悪 
安心してくらせることが大切だよね 無駄なエネルギー使わないでまっとうに生きていきましょう。

50 :損害賠償 「行列のできる」住田弁護士が小学館を提訴:2006/11/16(木) 15:49:15
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061116-00000014-maip-soci
住田裕子弁護士が15日、ダイエット方法について虚偽の記事を書かれ
精神的苦痛を受けたとして、週刊誌「女性セブン」を発行する小学館
(東京都千代田区)に謝罪文掲載と300万円の賠償を求める訴訟を
東京地裁に起こした。
 問題とされたのは同誌4月13日号の記事。番組でも紹介された住田
弁護士のダイエットについて、「炭水化物を取らず岩盤浴などで2カ月で
10キロ激やせした」などと報じた。訴状によると、岩盤浴などの事実はなく
「原告の生き方を否定するも同然の侮辱行為」と主張している。
(毎日新聞) - 11月16日10時0分更新

51 :米国メーリングリスト;dadsinfamilycourt:2006/11/16(木) 16:20:01
 YAHOO!USAでIDを取り直し、Groupsからアクセスします。
 会員3000名超です。

dadsinfamilycourt
http://groups.yahoo.com/group/dadsinfamilycourt/
3123 Members, Archives: Membership required
DADS in FAMILY COURT are pro-active fathers who assert their interests in
the reform of the legal, economic, and sociological aspects of Family Law,
most principally: parental rights, child custody / support, and the judicial
system / industry.
The main forum focuses on INTELLIGENCE SHARING and SUBSTANTIVE OPINIONS.
Our mission is to be well-informed dads for the purpose of parenting and
political action.

52 :オーマイニュース:2006/11/16(木) 17:34:33
オーマイニュース
  市民参加型のマスコミ。共同親権を目指す人や、DV防止法被害者は
 参加してください。
http://www.ohmynews.co.jp/

53 :"If I Did It":2006/11/17(金) 08:30:44
goes on sale Nov. 30. This book is airing a two-part
TV interview of O.J. Simpson on Nov. 27 and 29.

Victims' families lash out at Simpson
http://news.yahoo.com/s/ap/20061116/ap_on_re_us/simpson_interview

LOS ANGELES - Relatives of the victims in the Simpson slayings case are
lashing out at the planned publication of a book by O.J. Simpson in which
he discusses how he would have committed the killings of his ex-wife and
her friend "if I did it."



54 :動画;住田裕子弁護士、小学館に損害賠償など求め提訴:2006/11/17(金) 08:39:29
住田裕子弁護士、女性セブンのダイエット記事めぐり小学館に損害賠償など求め提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20061116/20061116-00000447-fnn-soci.html

55 :動画; O.J.Simpson's case:2006/11/17(金) 11:55:33
O.J.Simpson's case
http://www.fox.com/oj/

56 :ホームページ:2006/11/17(金) 21:16:30
706便事故
http://www.jalcrew.jp/jca/706saiban/706_index.htm
ストリーミングビデオやpdfを組み合わせ、分かりやすく構成しています。

 <ブログ構築に必要なツール>
YOU TUBE (画像)
http://www.youtube.com/index
 ウェブリシール(音声)
http://webryseal.biglobe.ne.jp/
Blogrown(音声)
http://blogrown.voiceblog.jp/

Japanese newspaper(in japanese)
http://max.s12.xrea.com/01_newspaper/?ID=74

57 :お父さんにこんなことをしていいですか。:2006/11/18(土) 15:44:42
お父さんにこんなことをしていいですか。
http://www.youtube.com/watch?v=kH0l5vbqueg

58 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/18(土) 16:13:54
忠臣蔵外伝 四谷怪談
http://www.youtube.com/watch?v=lLGut8bFqC4


59 :ニュージーランド;父権団体:2006/11/19(日) 22:12:21
 HandsOnEqualParent
http://www.HandsOnEqualParent.org.nz

60 :ニュージーランド;父権団体:2006/11/19(日) 22:15:06
 ニュージーランドもDV防止法被害者が多数いるようです。
 できる人は、接触をお願いします。

61 :DV女性被害者メーリングリストの例:2006/11/19(日) 22:23:13
Women fighting Domestic Violence
http://health.groups.yahoo.com/group/womenfightingdomesticviolence/

62 :日本にも法医学的コンサルタントは必要:2006/11/19(日) 23:56:43
Foresic consultant Dean Tong (フロリダ)
http://www.abuse-excuse.com/ae_home.html

63 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/20(月) 01:40:26
1、殴られる女性って、夫をさんざん精神的に苦しめてきたんでしょうね。
2、料理家事が下手これは100% 当たり。
3、バカで言葉数が足らず夫に誤解を招いて、混乱させ、口論が耐えなかった。
4、話方の本で勉強したことが無い。普通、就職活動前とかに読むよな。


64 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/20(月) 02:08:15
人を楽しませる技術 例えば ピアノ、エレクトーン、習字、歌、話術他を持たない女性は
人を苛めることでしか自己顕示できないから 夫に苦情ばかり言って苦しめ、夫から子供を引き剥がし
子供から父親を奪い、子供を苦しめて 自己顕示欲を満足させます。

結論は 人を楽しませる技術を持たない女は 困らせ相手を脅迫してでしか人を動かすことができないから
夫は気苦労が絶えず、自己防衛のためにキチガイ妻を制裁し、キチガイ妻はそれが悪いことだと認識してないから
反省せず、夫を犯罪者扱いする。次ぎは警察や裁判官、弁護士相手に被害者を装い、自己顕示をする。
 最後には 子供を虐待死させて、究極の自己顕示を成就させる。
 
だから 施設では人間扱いされず 監視下におかれるのです。

65 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/20(月) 02:56:06
重複ですので、こちらでお願いします↓

【DV】ドメスティック・バイオレンス被害相談室。
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/x1/1157240336/


66 :Dads on the Air:2006/11/20(月) 22:22:12
Dads on the Air
http://www.dadsontheair.com/index.php

オーストラリア(シドニー)のFMの番組「Dads on the Air」
 のサイト。Forum(会議室)があり、父権について充実しています。

67 :再起を考えるお父さんへ;会議室:2006/11/23(木) 14:04:34
 お薦めです。日本語での運用も可能です。 

http://www.forumup.com/directory.php

68 :メールには、相手に応じて父子の写真を添付しよう。:2006/11/24(金) 10:34:08

 自分のID代わりに、相手のよって父子の写真を添付しましょう。

69 :メールには、相手に応じて父子の写真を添付しよう。:2006/11/24(金) 10:45:44

近くに住んでいる人に、これを届けてくださいとお願いしましょう。

70 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 11:03:51
夫に暴力を振るわせる女は どんな男性も怒らせる
なぜなら、必要な時に必要なことを発言しない。
テレビドラマの見すぎ。必要なことを言わないから誤解され泣きながら
足し去るヒローイン。後を追う級友。見つかって、泣きながら理由を言うヒローイン。
理解する級友。めでたしめでたし。というバカドラマのみすぎ。
 最も大切なことを夫に言わないで黙っているから夫は改善できない。
貯めに貯めてから過去のことを夫に告げるから、夫は過去の好意は何だったんだと腹を立てる。
当然だよな。そして口論というわけだ。 全部 その時々に言うべきことを言わない馬鹿妻に原因がある。
 学園物シンドローム。殴られる女はほとんどこんな女。

71 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 11:07:56
行政が問題を先送りして大問題に発展することってよくあるよね。
殴られる女は問題点をその場その場で解決する能力がない。
言いもしないで勝手に内に秘めてしまうわけだ。
 そうなるといつもそのことが頭にあって、夫を労るとか楽しませるとかに頭がまわらない。
夫もいいかげんそんな家庭に嫌気がさして喧嘩腰になるというわけだ。


72 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 13:22:29
殴られなくちゃわからない馬鹿女もいるんだよ。
躾るには殴るのが一番

73 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 14:54:13
ああこわいこわい暴力夫

74 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 14:54:46
暴力は犯罪・・・

75 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/24(金) 23:18:03
DV被害者って小学校のキチガイ親と同じだよね。
さんざん授業を妨害し、人を苛めてきたくせに、先生にゲンコツくらわされたら
自分が先ず人に迷惑をかけたことを全く忘れて、暴力だ!! って被害者ズラして訴えるずるがしこいキチガイ親。
 おまけにマスコミにまで被害者を装って訴えるから教師も生徒もたまったもんじゃない。
 この手の女は実はどうしようもないクズだと世間ではわかってるから、シェルターに閉じ込めて、
夫を本当の犯罪者にならないようにする。というのが本音なんだよね。
 とにかくこの手の女を妻にすると 夫がいくら世の中で立派な技術を持っていても、名誉を地に落とされる。


76 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/25(土) 00:06:14
×1教師のDV逆恨みまで読んだ。

77 :<食育白書>子どもに朝食「欠食」や「孤食」が拡大:2006/11/25(土) 08:58:48
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061124-00000022-mai-pol
 政府は24日午前の閣議で、06年度「食育白書」を決定した。05年
7月施行の食育基本法に基づいた初めての報告。朝食をとらない「欠食」や、
1人で朝食をとる「孤食」が子どもに広がっていることに焦点を当て、「健
全な食生活が失われつつある」と問題視している。
 朝食欠食率(04年調査)は全体で10.5%に上り、世代別では20代
27.4%▽30代20.1%▽40代12.9%――の順。子どもでは10
代後半で12.4%が朝食をとっておらず、1〜6歳で5.4%、7〜14歳
で3%いた。白書は、国立教育政策研究所の調査(03年度)をもとに「朝食
をきちんととる子ほどペーパーテストの得点が高い傾向にある」と指摘している。

酒害と暴力の連鎖から見たDV防止法。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1110590037/

78 :仏女性 3日に1人“DV”で死亡 「駆け込み寺」建設も:2006/11/25(土) 18:16:17
http://www.sankei.co.jp/news/061124/kok003.htm
【パリ=山口昌子】フランスのボートラン社会結束・男女平等担当相は22日会見し、
今年1月1日から平均して「3日に1人」、女性が“家庭内暴力(DV)”の犠牲で
死亡しているとの衝撃的な統計を発表し、女性が相変わらず「弱い性」であることを
指摘した。女性の人権擁護団体らは25日の国連の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」
に向け、抗議デモを呼びかけている。
担当相は夫や愛人など知人に殺害される女性の社会階層は「全域」に及ぶと述べ、貧富
の差や地域の区別なくフランスで女性がDVの犠牲になっていることを指摘した。

79 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/25(土) 18:23:23
DVが、記憶に刻まれた暴力場面の刻印が引き起こすのなら、刑事裁判官は
法廷で毎日二次的に暴露し、犯行を自分の中でたどって解釈しており、刑事裁
判官や、離婚訴訟を担当する法曹は、家庭に帰ってそのストーリーを再現する
ため、その家系には暴力と心的外傷が伝播し、途絶える。

80 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/25(土) 20:22:24
どっかのスパイがDVを過大評価し、日本の家庭を崩壊させて、国力を低下させようとしていることに
早く気付きましょうね。 女性は夫を怒らせることより、安らぎを与えることに気を向けましょうね。
優しさを倍にして返してくれますよ。それが夫婦。不仲に付け込んで儲ける弁護士、DV駆け込み施設。
悪魔がいっぱい。ところでDVシェルターって市から一日いくらもらってるんだ?


81 :離婚さんいらっしゃい:2006/11/26(日) 10:55:04
統一教会会員のおつとめまで読んだ。

82 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)