2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

抜けるような青 夕焼け小焼け 満天の星空

1 :◆Kvwt/4FxR2 :03/10/21 00:49
最近、落ち着いて空を見上げた事ある?


2 :大人になった名無しさん:03/10/21 00:55
正月の夜にじいちゃんとこで見るオリオン座は素晴らしい

3 :◆Kvwt/4FxR2 :03/10/21 01:20
子供の頃の時間の基準って、空でしたよね?
夕方になったらお家に帰ろうって感じで。

今じゃ、時計と睨めっこだからなぁ。

4 :泣男:03/10/21 12:06
悲しいですよね。時計を見ながら生活しなきゃならないのは。


5 :大人になった名無しさん:03/10/21 14:33
空スレか・・(´∀`)

よく冬に軟式少年野球の納会があって、パラシュートのつかみどり?やったっけな。
冬の高い空にパラシュートが飛んで、みんなで走って取りに行く・・・
懐かしいな。

6 :大人になった名無しさん:03/10/21 14:36
あと凧上げね。ゲイラカイト。目玉がギラギラ光ってるアイツ。
近くの空き地に飛ばしに行くんだけど、例のごとく高圧線が走っててね。
今思うと命知らずだよな。電線引っ掛けて遊んでいる奴もいたし。
白く霞がかかったような空に並ぶ凧。空が赤くなったらしぶしぶ仕舞う凧。
でも、糸が切れてdでっちゃう凧。夕焼けの中、凧を探しに行ったなぁ。

7 :大人になった名無しさん:03/10/21 14:37
♪空を見上げて〜見て〜ごらん〜

8 :セコイヤ ◆/HPxgo5b4o :03/10/21 23:42
さっき煙草買いにコンビニ行ったら
星が一杯だったよ
冬の星は格別だな

9 :◆Kvwt/4FxR2 :03/10/22 00:15
昔は星空がきれいだったんだけどねぇ。。。


10 :大人になった名無しさん:03/10/22 00:26
最近は街明かりで空が明るいからねえ。

11 :大人になった名無しさん:03/10/22 13:11
青い目玉の小犬 広げた鷲の翼

12 :大人になった名無しさん:03/10/22 17:07
東京に近い所に住んでるから、
映画のような満天の星空というものを見たことがない‥‥

東京のビルに映えた夕焼けや高い所から
見た夜景も味なものがありますよ

13 :セコイヤ ◆/HPxgo5b4o :03/10/22 18:23
子供の頃、神奈川の藤沢に住んでて家から小さく富士山見えてたよ
夕焼け、綺麗だったな
もう見えないんだろうなぁ。建物も増えただろうし

14 :大人になった名無しさん:03/10/22 22:43
埼玉なんだけど
一ヶ月位前かな、夕方ものすごい虹を見た。
物干し台で見てたが、それはすごい二重の虹。
鳥肌が立つ、と同時に身体から少し毒素が蒸発した(ような気がした。)
新聞の社会面にも載ったので、知っている人いるんじゃないかな。

15 :大人になった名無しさん:03/10/22 22:57
あー、走って見にいったけど見えなかったな。

16 :セコイヤ ◆/HPxgo5b4o :03/10/22 23:01
虹で一番好きな奴
http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox/OtherPhenomenon/OtherPh-06.htm

17 :大人になった名無しさん:03/10/23 00:51
>>16
感動した!!!

18 :大人になった名無しさん:03/10/23 22:12
≫16
いいねこれ。
こんな感じのやつが頭上に橋架けてた。

19 :大人になった名無しさん:03/10/24 23:14
透き通った深いあお空に、東南アジアの方から、大坂、東京へ飛ぶ
飛行機の、直線的な飛行機雲が、美しい。

60年前の、B29の高空の飛行機雲と、同じ美しさ.

20 :大人になった名無しさん:03/11/03 00:08
>>60
いいね。これは知らなかった。

彩雲ってのは2度ばかり、実際見たことありますが。

21 :大人になった名無しさん:03/11/23 18:28

 ○             ○         |l≡≡≡|ミ|       o。 。
      o                o。_。 |l≡≡≡|ミ|              。+ +。。。。。
          o。_。_lコ<o>     |l≡≡≡|ミ|_<o>_。≠_〇o
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF|。 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|EEEEEEEEEEE|lll| .。+
  * o  o.   |l|FFFFFFF / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     。。oo  |l|FFFFFF | 今年のクリスマスも独りぼっちでこの夜景を眺めるのかな・・・・
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF \
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFF     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF.。   ∧_∧  |l≡o + +! + 。 〇   +
   lミl.」」.」〇 ++ +  ( ´;ω;) o  〇 。 o  +   〇 。 +
  __〇___。_゚__/ ~つと)____o______〇__o___。
  二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ::::::::::::::::::::........................................  ..    .   . .. ...............::::::::::::::::::::::::
  ───────────────────―──────―
 ゜      〇  〇 〇〇             *     〇 o *
   *  ゜  +    ,:'           : +       丶   +
 〇     +   ゜ ,-'             i              ヽl゙   〇
     〇    _  l/            l!               \「     
         _  i/             ll                \「
       − l/               |l              \「
    −_ ~l/                  |.l


22 :みみちゃん ◆y7XYmaFpQA :03/11/23 18:44
小学5年の頃、帰り道うちの前で直子ちゃんと一緒に帰ってきて
直子ちゃんはうちの左を入ったすぐ近所
それじゃまたあしたね、と別れようとしたら
西の空の夕焼けの中に 大きく白い飛行機雲を残しながら
白い大きな円盤みたいなものが落ちてきた
すごいゆっくりとした速度で、飛行機じゃないみたいで
夕焼け空を大きな弧を描いて落ちていった
急いでインタホンを押して父と母に教えた

そのうち兄も帰ってきてみんなでなんだろうねと40分ぐらい見ていた
おうちに入って窓からまた見ようと思ったらもう消えてた

あれは何だったんだろうな UFOだったのだろうか
気持ちとしてはUFOだって思いたかったけど
翌日のニュースでもなにか落ちたってやってなかった

何ヶ月かしてから父が「UFOと宇宙」を買ってきて
こないだのが載ってるよって見せてくれた

もう父もいないし 直子ちゃんも引っ越しちゃったし
母も兄も覚えてるかなあ・・あれはなんだったんだろう
でもきれいだったな

23 :大人になった名無しさん:03/11/23 21:26
安 い マ ン ガ ネ ッ ト 喫 茶
1 時 間 2 0 0 円 延 長 3 0 分 1 0 0 円
サ ー ビ ス 券 が あ る と 2 時 間 2 0 0 円
 蒲 田 駅 東 口  東 横 イ ン と な り

   1 周 年 記 念 毎 日 1 万 円 プ レ ゼ ン ト
  http://1518.jp

24 :大人になった名無しさん:03/11/26 05:48
漏れの誕生日は奇しくも某流星群の見える日。
実家で小さい頃、父につれられて夜中、鎮守の森の裏手まで言って
見た流れ星は最高だった。まともに覚えてるのはたった一つだけど、
星がとても綺麗な夜で、とても寒くて、父の半纏の中に半ばもぐってたのを覚えてる。
もう実家は遠くなって、今じゃ星もクソもない都会に住んでるけど
もし、漏れに子供が生まれたら、父と同じように見せてやろうと思う。

まあ、後先考えず父がパジャマで漏れを連れ出したおかげで、見事に漏れは風邪を引いたわけだが。

25 :大人になった名無しさん:03/11/29 01:47
ユーミンのひこーき雲きいて、今でも泣けてくるのは漏れだけ?

26 :カリツォ(;TwT) ◆MaXXXXZGjk :03/11/30 21:50
 

27 :大人になった名無しさん:03/11/30 21:57
学校の教室から見える夕焼けが好きだった

28 :大人になった名無しさん:03/11/30 22:53
高校生の時、陸上やっていて、夕方空を見上げるとスレタイ通りの
空が広がってたよ。指を伸ばして何か書けば、文字が浮かび上
がってくるような深藍の幻想的な夕空だったなぁ。

29 :大人になった名無しさん:03/12/29 17:34
ピンク色に染まった雲、絶対忘れない光景のあの夕ぐれ
少し寒くて震えてたな

30 :大人になった名無しさん:03/12/30 07:04
大学の校舎の一つに梯子で屋上に直接登れるのがあって、
高さはそうたいした事無いんだけど見晴らしがとてもいい。



もしも都内じゃなければ最高のスポットになっていただろうに・・・。
空気汚すぎ。夜空明るすぎ。今の時期でさえはっきり見えない。

31 :大人になった名無しさん:03/12/30 18:49
俺の育った街は

曇った空、工場、お化け煙突、荒川土手、家は社宅だったし!

満天の星空なんて記憶にないなぁ〜

32 :大人になった名無しさん:04/01/07 06:48
>>31
ありましたね、お化け煙突。学校の隣にでっかい紡績工場がありました。
ある日紡績工場が潰れて煙突を倒すってんで、体育の授業を潰して校庭から見てたような。
その日の放課後、紡績工場に忍び込んでなんだか複雑な気分になった事を覚えてる。
小学生なりにセピアを感じてたんでしょうかね。


33 :大人になった名無しさん:04/01/25 01:22
学校がかったるくて昼から登校したある日
あまりにも空が青くて雲ひとつ無くてなんでか涙が出てきた

夜は悪友たちと近所の小学校の運動場で寝転んで
恋の話しながら満点の星空を見上げてたっけ

そんな田舎高校時代の思い出

34 : ◆UfU8s6/R/c :04/01/27 12:08
昔見た、網走の八月の満天の星空。 手を伸ばせば触れられそうな ミルキーウェイ 。 とても素敵すぎて、涙が 出た、思い出。

35 :大人になった名無しさん:04/02/12 17:42
ガキの頃の夕焼け
すっごく太陽が大きくてさ、オレンジ色の光に包まれてさ。
さっきまでギャァギャァ騒いで遊んでいたのに
みんな黙って夕陽を見てた。

36 :大人になった名無しさん:04/02/15 04:38
小学生の頃父の田舎に帰省した夏休み、初めて天の川をみた。
「お父さんの子供の頃はいつもこんなだった」
変わって行くのは町並みだけではない、
父さんの空も遠くなっていくんだね・・

37 :大人になった名無しさん:04/02/15 10:28
最近家の近くにあるコンビニやらが軒並み潰れて近所がちょっと暗くなった。
前よりちょっと星が見えるようになった。
ちょっと泣いた。

38 :大人になった名無しさん:04/02/20 16:56
小さい頃は田舎に住んでたので星空がきれいだった。当時はそんなにいい時間を過ごした印象はないが、今から思うとかけがいのないものを失ったという感じがする。


39 :大人になった名無しさん:04/03/01 21:32
空の色が薄くなってきてる気がしてずっと気になってた。

子供のころの記憶にあるような濃い色の空が見たくて時間が出来ると、
特急電車にのって田舎に行くようになった。

所詮同じ国内だから空の色なんて似たようなもんだが、空気の喉ごしが
違うんだよな。そして趣味が田舎での散歩や自転車ツーリングになった。

昔は、部屋の中でパソコン弄るのが趣味だったんだけどね。こうまで
自分の暮らしが変わるとは思わなかった。

40 :大人になった名無しさん:04/03/01 21:58
空気の喉ごしか・・(´ー`)いい表現するなぁ。

俺は青い空に白い雲がうっすらなびいてる空好きだなぁ。
小学校の校庭で見た青空思い出す。

41 :大人になった名無しさん:04/03/17 19:44
空、大好き。毎日見上げる。朝昼夜。いつも見上げる。
青色、朱色、オレンジ色、黄緑色、藍色、漆黒。くるくる変わる雲の形。
輝く星。生まれたばかりの細い月、輝く満月。鳥。そこにある何もかも全部。
嬉しくなる。この世界にはなんてなんて綺麗なモノがあるんだろうって思える。

42 :大人になった名無しさん:04/03/19 01:23
切なくなるような空がいっぱい
ttp://ex2.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1079238436/l50

43 :大人になった名無しさん:04/03/27 23:03
君と過ごした思い出をアルバムに残して
僕は、僕は・・・青空になる
by仮面ライダークウガED「青空になる」

青空を題材にした歌の中でこれが一番お気に入り。

「ずっと仮面ライダーに憧れてた」なんて理由でバイクに乗って、
三十路過ぎなのに「好きなようにバイクで旅ができないから」なんて理由で
フリーターやりながら結婚もせずに日本中をバイクで走り回ってたあいつ。
そんなあいつがよく青空を見上げながら口ずさんでいた歌。
あいつが旅に出てしばらく経つと、家に色々な風景を写した写真が送られてきて、
それを見るのが楽しみだった。特にこいつの写す青空はホントに綺麗だった。

そんなあいつがスリップ事故で青空になってしまったのはおよそ一年前。
今でも、「もしかして・・・」なんて思ってポストを覗き込んでしまう。
そんな風にして虚しさに包まれた時、俺もこの歌を口ずさんでみる。
そしてあいつに語りかけてみる。


なあ・・・見てるか?今日もすごく綺麗な青空だぞ・・・・・・

44 :大人になった名無しさん:04/04/04 06:30
ここ見たら『Tokyo.sora』って映画観たくなった。

45 :大人になった名無しさん:04/04/04 16:29
高校最後の文化祭が終わり、親友と見上げた夜空。
めずらしく雲ひとつない星空の下、
宴の終わりが来てしまったことを受け入れられずに二人で泣いた。

夜が明けてほしくないと本気で願った。
明日が来てしまえば、すべてが幻になってしまうから。
中庭のステージは撤去され、校内の装飾は取り外され、授業が再開され。
まるであの日がうたかたの夢だったかのように。

だけど。どんなに願っても朝は来る。
その日、俺は生まれて初めて、悲しい気持ちで、アオゾラを見上げた―


あのころの仲間たちよ。元気か?
まだ、あのころの熱い心を失っていないか?

46 :大人になった名無しさん:04/04/04 23:15
自分が中2の夏休みに見た青空は未だに忘れない。
大きくそびえ立つ入道雲とこれでもかというほどの青い空、明るい日差し、
10年ほど経った今ああいった空に出会うことは無くなってしまったなあ。

47 :大人になった名無しさん:04/04/17 10:40
あんまり空ばっかり見てると、こけるぞ。

いや深い意味じゃなくて、こないだ空見て歩いてたらこけかけたのよ。

48 :大人になった名無しさん:04/04/26 01:19
こけないよ。なぜなら大人は周りに気を配るからw
みんなそれぞれに印象深い空があるんだね
もちろん俺にもあります。
たま〜にノスタルジックな思いに浸って
もう見れないかと思うとせつなくなるなー
美化とか言われればそれまでだけど
本当は同じ表情の空なんてないのかもしれない
空を見上げるゆとりとかそれを見てなにか思う心とか大事にしたいもんですね。

いい夕日を見ると胸がキュンとするよなー?

49 :大人になった名無しさん :04/04/30 17:43
故郷が信州だった。軽井沢を抜けて小諸に行くまで車窓から空を眺めてるのが
春、夏、冬休みの常だった。
めくるめく空模様。浅間山や南アルプスを眺め黄金に輝く太陽と星。
夜空にはしし座流星群が流れ清らかな空を愛してた。

又伊豆高原の夜空は凄かった。
満天の星というのを産まれて初めて、この山の上、森の道の中で見た。
山の上辺りで車を止めて、車内の灯を消す。周りはうっそうとした木々だけだ。
前にも後ろにもただ道しかない。
上を見上げれば降ってきそうな輝きの星が数え切れない程に目に飛び込んできた。

見た事無い人は行って見て来て欲しい。
西伊豆雲見辺りの高原に車走らせ、良い所に止めて灯を消すだけだ。
怖い位に真っ暗な中星降る夜を満喫できるだろう。
感激は脳裏を破壊する。

50 :大人になった名無しさん:04/05/01 17:17
このスレの住人はDEENの「LOVE FOREVER」、「少年」、「TEENNAGE DREAM」を聴け。


51 :大人になった名無しさん:04/05/02 23:16
ここは死期が近い人専用ですか?

52 :大人になった名無しさん:04/05/04 03:35
プラネタリウムはもうないのかああああああ!!!!!

53 :大人になった名無しさん:04/05/08 22:44
>>52
あるよ。池袋のサンシャインにサンシャインスターとか言うプラネタリュームが
できたそうな。
夏の土曜日なら海の波の音の聞こえるハワイの夜空が展開されるとの話だよ。


54 :大人になった名無しさん:04/05/08 22:45
>>50
聞くならピンクフロイドだよ〜ん

55 :大人になった名無しさん:04/05/12 21:02
1980年8月12日。
東北自動車道の利根川大橋を渡る東北急行バスの車中から夜空を見上げて、北関東の夏の夜空はこんなに美しいのかと思った。

56 :大人になった名無しさん:04/06/19 22:34
>>50
DEEN大好きだ‥しかも初期
ってかその曲全部アルバム収録曲でしょw

57 :大人になった名無しさん:04/07/20 18:17
南アルプスで星が見たいな。まとまった休みが取れなくなってから
益々見たくなりました。

58 :大人になった名無しさん:04/07/26 03:10
山の学習の夜。怖いくらいの満点の星空。凄い数の流れ星だった。

59 :大人になった名無しさん:04/08/27 23:48
最高に良スレ!age!!!

>>3
ハゲドウ
小6のとき、私たちのグループはませてる方だったんだけど、しっかり空見て家に帰ってたのは
まだまだ子供だったんだなぁって今から考えたらしみじみ懐かしくなる。

60 :大人になった名無しさん:04/08/28 00:38
空の色に感動する余裕は常に持ちたいよね

61 :大人になった名無しさん:04/08/28 05:27
祖母の死期が近づき、うちは母がいないので私が実家へ看病に帰った。
しかし祖母の死や看病にまつわる諸々のことで父と私の意見が食い違い、
ケンカのような話し合いばかりの日々に。
2人とも祖母を思ってのことだったので、それがわかるだけにつらかった。
今一番大切にすべきことは何なのか答えが見えなくて、毎日ケンカして悩んで、
眠れなくて夜中にベランダに出てみると、満月にやけに鮮やかな光環がかかり
なんとも幻想的な夜空。思わず一心に祈った。神とかよくわかんないけど、
なんかその空に祈らずにいられなかった。

62 :大人になった名無しさん:04/08/28 13:02
子供の頃、高砂橋や江戸川堤から夕焼の空に富士のシルエットが鮮やかに美しかった

63 :大人になった名無しさん:04/08/28 19:57
抜けるような青空を見て思わず抜いた

64 :大人になった名無しさん:04/08/28 23:14
それはないやろ!

65 :大人になった名無しさん:04/08/28 23:17
大学のサークルの夏合宿で行った志賀高原。
まさに満天の星空やった。
こんなに星ってたくさんあるんやって。

今、住んでるところ、田舎なのに昔と比べて星が減った。

66 :8乙女。:04/09/10 02:57
 2月だったな、今から15年近く前、中学三年の頃。
凄く好きな子がいてさ、何下にいつも一緒に帰ってたっけ
仲間に見つからないようにそっとね、俺、田舎仙台なんだけど、
その頃は、まだ泉だったかな?違ったかな?
中学校結構離れてて、内緒で自転車で通ってたよ、
帰り道、黒松小学校の前を通って、二人は別れるんだけど、
帰り道夕日がね、自転車を押す俺と、彼女を押すんだよ、もっとくっつけと、
夕日に押される二人の影が、凄く長くて、影を見るとなんかこう、
近づけば彼女に自分の心がばれるんじゃないかって、好きだと言う事が
判っちゃうんじゃないかと、夕焼けが一面金色に彩る中、二つの影だけが、
細長く、ゆっくりと揺れてた。目に焼き付く美しい夕焼けと二つの影は、
思春期の心と同様、揺れてたんだよ。

 高校受験も終り、卒業を控え、いつもの帰り道 俺、言おうかな、
どうしようかな?何て言えばいいのかな?と悩んでるうちに、いつもの分かれ道


67 :8乙女。:04/09/10 03:04

 いつも通りに、バイバイ、ゆっくりとした坂を下る彼女と、これでもかと背中を押す
夕焼け、自転車を押す俺の細長い影と、彼女の細く長い影、二つの影は、一つになる事はなかった。

 俺ももう結婚し、子供が一人、田舎を離れ千葉に落ち着いてます。風の便りに彼女がまだ独身だと聞きました。
夕焼けに押される長い影を見るたびに、彼女の笑い顔と、控えめで大人っぽく落ち着いた声を思い出します。
変わらぬ思い出と、金色の夕焼け、二人の長い影は、忘れられない思い出です。


68 :大人になった名無しさん:04/09/10 22:36:04
中学の卒業式の日。夜中に秘密基地に集まっていた連中ともバラバラ。
二度と会えないわけじゃないと知ってはいたけど、それでも、今までの、自分達が
世界の秩序の一部になっているような、そんな一体感はきっと失われてしまうんだろうと
とてもとても寂しかった。
学校の教室から最後の夕日を眺めながら、誰とはなしに「このままでいたいな」と。
なぜかその一言で、みんな走り出した。
走って、走って、走った。
振り返らずに校門を抜けて、いつもの通学路を外れて、土手を走り抜けて、フェンスを乗り越えて、どこへ行くわけでもなくずっと走った。
俺達の住んでいる町の一番高台に走りついて、夕日に沈もうとしている街を見下ろしながら、
みんなで笑いながら、泣いた。
その広場で寝転んだまま、ずっと朝まで。
空を見上げながら、語りつくした。
あの日あいつらと泣きながら、笑いながらみた夕焼けと夜空は、俺の一生の宝物だ。
今でもたまにあいつらと会う。でもやっぱりぎこちない。
でも、俺はお前らのこと大好きだ。
頑張れ。負けんな。元気で。

69 :大人になった名無しさん:04/09/15 22:17:17
今度の土曜日、カメラ持って空を見に行ってきます。時間と気候の問題もあるけど
できるだけ高い山に登りたいです。

70 :大人になった名無しさん:04/09/20 10:44:47
画像うp希望っす

71 :大人になった名無しさん:04/09/24 20:44:54
GOING UNDER GROUNDてバンドの曲聞くとセピアまっしぐらですよ。

72 :大人になった名無しさん:04/09/24 23:10:37
1976年の夏の高野山。お墓だらけで気味悪かったけど、夜空の星は
全て燦々と輝いていた。

アホみたいに電気灯を付ける大阪の近くだから、もう今は見られない
だろうね。

73 :大人になった名無しさん:04/09/25 03:09:11
>>71
グラフィティとセンチメント・エキスプレスはせつないね。

74 :大人になった名無しさん:04/10/22 04:11:46
あのー夏ーのー ミラーアージュッ! 

75 :大人になった名無しさん:04/11/23 19:29:47
>>70
あれから数ヶ月、暇な土日はことごとく雨に祟られ..orz

先週の土曜日漸く近場の里山に行くことが出来ました。下手糞なので突っ込みは
勘弁してください。
http://sititen-battou.com/cgi-bin/syasin_data/1101205245.1.jpg

76 :大人になった名無しさん:04/11/24 00:03:18
中学の頃、文化祭で映画を撮ることになり、放課後毎日残ってせっせと
撮影や打ち合わせ。
好きだった子がいて、向うはどう思ってたかわからんがなんかそわそわ
したり、変に強がって絡んだり…
秋から冬にかけての、寒さと暖かさが微妙に交じり合う空気の中で、みんな
と騒ぎながら帰り、見上げると綺麗な夕焼け…
何も考えず、ただ綺麗だと思ったあの頃は良かったな…


77 :大人になった名無しさん:04/12/17 15:28:31
小学生の頃に行った町内の子供会で見た星空が綺麗だった
あんなスゲー星空は初めてだったんでずーっと見てた

それで肝試しをパスったら、怖がりだと思われたorz

78 :大人になった名無しさん:05/02/19 08:58:45
保守age

79 :大人になった名無しさん:05/02/20 04:20:48
プロペラが空で鳴ると何処までも追いかけ
つまづいて汗にまみれて手を振り声をあげた

誰もいないグランドで鉄棒につかまり
長い影校舎の壁に落書きみたいに映った

暮れて行く野道には自転車のベルとサイレンの遠い響きが


80 :大人になった名無しさん:05/02/21 16:28:53


                        . ・
                          ・
                         ・
                         ・
                         .・
                           ・

81 :大人になった名無しさん:05/02/21 21:58:33
いつも学校から見ていた空は
いつしか電車の中から見るようになった・・・・
忙しく動く世界の中で空だけはあの頃と同じ顔を見せている
空に残る記憶・・・思い出は今もそこに残っていると言うように青い空
赤く染まる夕焼けは今を働く子供達へ語りかけてくれています
いつも聞いている雑踏ではなく風に耳を澄ませて・・・いつも地に向けている目を空へ向けてみよう
あなたの思い出は空が守ってくれています、空を見ればあの思い出を思い出せますから

今を働く子供達へ・・・・

82 :大人になった名無しさん:05/02/22 01:40:57
>>34
俺今網走に住んでるが、久しぶりに天の川みた。
以前他の町に住んでたときに見て以来24年振りだ。
感動したよ。
あと、抜けるような青いオホーツクの空も好きだ。

83 :大人になった名無しさん:05/03/03 20:47:53
age

84 :大人になった名無しさん:05/03/03 21:48:57
中学でキャンプへ行ったとき、その辺の草に寝転がって夜空を見上げた。
本物の天の川を初めて見た。
流れ星がいくつもいくつも現れて、そのたびに声が上がった。
その流れ星のように、一瞬にして過ぎた楽しい日々。

あと、ゆっくりと一直線に動く弱い光をみつけて(人工衛星だと聞いたことがある)
勝手にミールだのひまわりだのと友達と言ってた。
あの頃はまだ飛んでたんだ、ミール。

85 :大人になった名無しさん:05/03/06 11:08:05
夕闇の青い色が好きだったなー
建物がただのシルエットになって、窓からの光が綺麗。

86 :大人になった名無しさん:05/03/13 19:21:49
最近星見てる?

87 :大人になった名無しさん:05/03/13 20:49:22
人ってちっぽけな存在だよね、宇宙というかこの世界すべてから
自分という存在を見つめたら、まるで塵のような存在だと思う。
そんな事を考えてたら、自分は何がしたくて生きてるのかって思った。

88 :大人になった名無しさん:05/03/13 21:08:50

人も星の数だけ
星も人の数だけ
星もいつかはこの世から消えちゃうけど
輝いて僕達をいやしてくれる
僕達はちっぽけな存在かも知れないけど
星みたいに輝こうと思えば輝ける
それで十分じゃないか・・・・

89 :大人になった名無しさん:05/03/13 21:20:28
>>88
そうかもしれない、ただ宇宙の広さには圧倒される

90 :大人になった名無しさん:05/03/13 21:57:17
星って手が届きそうだけど恐ろしく遠いよな

91 :大人になった名無しさん:05/03/15 05:36:40
小さい頃、母親と近くの公園に行った帰り流れ星を見て
「今、星が落ちたよ!見てくる!」
と言って坂道を走って行ったことがあった。
今は、両親を避ける様になってしまったけど、あの夕方のことはずっと忘れないだろう。
今、あの頃に帰れたら、今度はもっと上手くやれるだろう。
上辺だけの幸せな家族なんてつくらせないだろう。


92 :大人になった名無しさん:2005/04/05(火) 20:18:30
見上げてごらん 夜の星を
僕らのように 名もない星が
ささやかな 幸せを祈ってる

93 :大人になった名無しさん:2005/04/06(水) 20:02:59
5歳の時、誠君が見せてくれた星空が・・・

94 :大人になった名無しさん:2005/04/07(木) 05:07:31
田舎で見た昔の星空はきれいだった。
空一面にびっしりと星がかがやいてさ。
大きいのやら小さいのやら、赤いのやら青いのやら。
ずっと見つめていたら、フワって吸い込まれるんじゃないかって、いつも思ってた。

でも、そんな夜空はもう見られない。

目が悪くなったためなのか。
街が明るくなったためなのか。

なんだかすごく悲しい。
今の星空は、星空はと呼べない。

また、いつか見れるといいな。

95 :大人になった名無しさん:2005/04/07(木) 17:58:53
泣ける話多いな

96 :大人になった名無しさん:2005/04/15(金) 16:41:54
小学校のころ、麦藁帽子をかぶって
空を見たら、入道雲が見えたなあ。すわって待ち合わせをしてる時だった。
そういう時間もあったんだなあ。

97 :大人になった名無しさん:2005/04/15(金) 17:15:58
厨坊の時学校で漢字検定受けた帰りに見た夕焼けがすごく奇麗だったなぁ。
今でも覚えてるよ。まだ高1になったばっかだから。

98 :大人になった名無しさん:2005/04/22(金) 01:15:54
子供の頃は空を見上げる事はよくあったのに、大人になった途端見向きもしなくなった。
ちょっと顔を上げればそこにあるのに・・・・
でも、たまに空を見上げると一瞬であの頃の気持ちに戻れる。
子供の自分と今の自分が被ってる不思議な気持ちになる。

99 :大人になった名無しさん:2005/06/14(火) 15:04:58
l

100 :大人になった名無しさん:2005/06/15(水) 01:00:22
歴代の彼女と別れた夜は必ず透き通った星空だった。今でもたまに星空を見上げると、懐かしい顔々と一つ一つの思い出が。
今も星空。みんな元気かな。
そんな俺は8月に結婚する
もう切ない星空を見上げることがないよう幸せになろう。

101 :大人になった名無しさん:2005/06/19(日) 14:52:03
幼稚園のころ見た夕方の光景がずっと心に残ってる
なんか全部が黄色に染まってて・・・・

免許とったら一度はあのころの場所に戻ってみたい

102 :大人になった名無しさん:2005/09/30(金) 23:45:55
中学の修学旅行先で見上げた星空は
今までの20年の人生で一番綺麗な星空だった。

夜の7時頃だったかな?
突然、ほかのクラスのセンコーが全生徒に集合をかけ、
みんなを外に連れ出したんだ。
旅行先はほとんど田舎でさ、外は真っ暗。
こんな予定ないのになぁー、って想いながら歩き続け、
僕達は草が覆い茂る平地に着いたんだ。
センコーが言った「ちょっと上見てみ」
みんながざわめく。
それまでは気づかなかったんだけど、
僕達の頭上には目が眩むくらいの星空が広がっていた。
僕は思わず見入った。
星がとても大きくて宝石のよう。。。

で、修学旅行を終えると、僕達は旅行先での
感想文を綴るようにとセンコーに言われた。
僕はもっとも印象に残った星空のことを記したんだけど、
これが間違いだった。
クラス全員の感想文はのちに冊子としてまとめられ
配られることになるんだけど
ほかの生徒は友達との想い出や、
向こうに着いて初めての夜のことを書いているのに
星空について語っているのは僕だけ…
僕一人だけ何故か星の良さについて狂ったように描いていた。
ちょっと羞恥心を感じながらも、誇らしかったな…。

21回目の誕生日を目前に控える僕には
もう当時と同じような星空は見れないだろう。
僕の瞳に映るものはすべて凝視され、
僕の心は汚れてしまった。。。

103 :大人になった名無しさん:2005/10/01(土) 14:58:44
この季節は雨の多い北陸もしばらく好天が続く
藁を焼く煙と匂いが漂う稲刈りの済んだ田んぼと澄み切った空気と抜けるような秋空
・・・そして夕陽に照らされて夥しい数の赤トンボがキラキラと黄金色に輝く
田舎には何もいい思い出はなかったけどあの風景だけはまた見たい

104 :大人になった名無しさん:2005/10/13(木) 17:15:56
幼稚園の時、園庭で全員集会みたいのがあって整列してたとき
上空を何かが横切った気がしてフッと見上げたら
抜けるような青空をバックにして本物の零戦が飛んでた。
S45頃のことだよ。
園舎の陰に吸い込まれるように通りすぎる最後の瞬間に
クルッと背面飛行して、すぐまたクルッと元に戻り、そして見えなくなった。
誰に言っても全然信じてもらえないんだけど、本当に本当の話。

105 :jj:2005/10/13(木) 22:14:09
おれはテスト期間中でもぼーっと空を見上げるときが多い
結構キレイだよなー空って
おれ風景写真とか゚・*:.。. .。.:*・゜だぁ〜ぃ(人*・ω・)ちゅきっ゚・*:.。. .。.:*・゜

106 :大人になった名無しさん:2005/10/14(金) 00:42:26
地震で停電になった時に降るような星空をしばらく見ていました。

107 :大人になった名無しさん:2005/10/20(木) 12:55:23
低山登山やトレッキングするようになってから空を良く見るようになった。

108 :大人になった名無しさん:2005/10/22(土) 14:35:39
>>1
満天の星空って言葉間違ってますよ。

109 :大人になった名無しさん:2005/10/22(土) 15:35:02
中学生のオレは・・・

抜けるようなグラビア 遊女の毛子供の毛 万珍の奉仕ズリ

と連想してワクワクしていた と思う

110 :大人になった名無しさん:2005/11/27(日) 00:05:14
漏れ毎日空見てる…

111 :大人になった名無しさん:2005/11/30(水) 08:52:42
110はロマンティスト

112 :大人になった名無しさん:2005/11/30(水) 14:53:12
私の友達の首には、北斗七星があった。

それはホクロだった。実に美しい配列だった
それ以来彼は『ほくろ七星』と呼ばれるようになった



113 :大人になった名無しさん:2005/11/30(水) 19:05:49
>>80
死兆星が見えたorz

俺は、高校生の頃アメリカのとある湖の湖畔でキャンプファイヤーをした時の
夜空が印象的だな…
みんながテントで就寝した後、眠れなくて湖まで散歩に行ったら、凪いだ湖に
無数の星が反射していて、言葉で表現できないくらい美しかった。

あんな綺麗な夜空に巡り逢えたのは、後にも先にもあれだけだな…(´・ω・)

114 :大人になった名無しさん:2005/12/24(土) 23:53:28
関連wiki
http://wiki.livedoor.jp/p1234/d/%c8%b4%a4%b1%a4%eb%a4%e8%a4%a6%a4%ca%c0%c4%a1%a1%cd%bc%be%c6%a4%b1%be%ae%be%c6%a4%b1%a1%a1%cb%fe%c5%b7%a4%ce%c0%b1%b6%f5



115 :1/2:2006/01/17(火) 19:05:40
あれは僕が小学生時代の夏の夜…
夏休みの長期休暇を利用してうちに仲のいい男友達が泊まりにきたんだ。
その日の夜、僕達は屋外にあるルーフガーデンで一夜を過ごすことにした。
二人は人工芝にお布団を敷いて横になり、
たくさんの星が煌く夜空の下で恋の話をしていた。
僕は目の前にある広大なスパンコールの空を眺めながら、
彼の片想いの逸話に耳を傾ける。
このときさ、生まれてはじめて流れ星を見たのは。。。

僕の視界に入る大小700もの星のうちの一つがキラリと光ったとき、
はじめは何が起きたのかわからなくて眼の錯覚で片付けた。
彼は夜空には見向きもせず、自分の話に勝手に羞恥して
クッションを抱き寄せたりタオルケットをかぶったりしながら口を動かす一方で、
僕は適当に相づちを打ちながら夜空をずっと凝視していた。。。
驚くことに、奇跡は一度だけでは収まりきらなかった。
その後も星達は次々とシュプールを描いて果てへと落ちてゆき
僕の目の前で楽しいショーを展開すると、
彼の話すちっぽけな恋の物語はまるでドラマティックな恋歌のように聞こえた。
当夜だけで5回も流星を目の当たりにしたけど
願掛けのジンクスをすっかり忘れていて一度も祈らなかったよ。。。

僕が言いたいのは流れ星の話ではない…
僕がそんな素晴らしい出来事を友達に伝えなかったことについてだ。
彼が夢中になってしゃべる恋の話に割り込んで、
そっと教えてあげる機会はいくらでもあったはず…ただ星空を指差せばいい。
でも何故か僕は秘密を守り通した。(グッナイ友達wwwww

116 :2/2:2006/01/17(火) 19:06:14
この不可解で複雑な心情を解くヒントが
青春映画の代表作"Stand By Me"で垣間見ることができる。
主役の少年の一人、Gordie Lachanceが冒険の旅の途中で、
野生の鹿と間近で遭遇した出来事をあえて仲間に打ち明けないという描写がある…
夜明けの静寂な線路沿いに立ち並ぶ蒼々とした林木が
パステル画のように映える印象的なシーンだ。
原作者のStephen Kindがどういう意図で
このシーンを描き下ろしたのかいろいろ解釈の仕方はあると想う。

でも僕にはGordieの気持ちがわかるんだ…
この体験を自分だけのものにしたい…
誰にも話さないことで自分だけが征服できる…
そういう、男性なら誰もが抱く独占欲嗜好のような気がする。
まさに僕が流れ星を目撃したときと同じ気持ちだ。
あのとき、世界を包み込む星空は僕一人だけのものだった…
誰にも渡したくないと願う。。。

10年以上経過した今でも友達には悪いことをしたと自責するけど、
代わりに僕は稀薄な自然現象を手中にすることができた…
一生涯に渡り記憶に残り、この想い出はいつ回想しても美しい。。。
でも、その対象が生身の人間の女性となるととてもむずかしい。
それに僕の場合はネット上の恋だった。
活字だけが踊る世界で恋焦がれるなんて、
新時代を象徴するような恋愛模様だよ。
その分、ハンデはとても大きい…ジレンマがひどくて途方に暮れる。

星屑よりも輝くもの…夜空よりも広いもの…宇宙よりも深いもの…
それを求める恋敵は誰よりも強靭で、僕は手に入れることができなかった。。。

-もし、もう一度、流れ星を仰ぐチャンスがあるのなら、
そのときは世界から病がなくなるように願掛けをしよう。

117 :大人になった名無しさん:2006/01/17(火) 22:28:33
>>116
乙。なんか感動した

118 :大人になった名無しさん:2006/01/21(土) 16:17:17
このスレの住人には「流星ワゴン」の一読を薦める。男にしか分からんかも
しれんけどね。


119 :大人になった名無しさん:2006/04/02(日) 08:36:41
  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .  =================================      .  ,    .
    //|      I    I     I    I    //||
    //.||.     I    I     I    I    // .||
   // ||     I    I     I    I   //  ||
   //  .||.     I    I     I    I   //   .||
  //   ||    I ('A`)I     I    I  //    ||
  //   .||    .Iv( )vI     I___I  //    ||
 //    ||     ̄( ( ̄      ̄ ̄ ̄ //.     ||
‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐

120 :大人になった名無しさん:2006/04/02(日) 11:16:14
>>119をトリプルクリック

121 :大人になった名無しさん:2006/04/23(日) 19:17:21
誰もいないだろうが書かせてくれ

子供の頃にその頃の友人達だけで
近くの山登って夕日が落ちて行くのを見た
そこ一面に広がる夕日は言葉で表せない物があった
それから親に頼み込みやっとの事で貰ったカメラでいつも夜遅くまで空を撮ってた
鳥や月、流れ星も撮った

でも今ではその空をあまり思い出せない
昔の友人達の顔を最近見ていない
空も最近見ていない

何でこんなにも変わってしまったのだろう

122 :大人になった名無しさん:2006/04/23(日) 19:38:04
今夜だし、ちょうどこのスレ見かけたから

始めようか天体観測

123 :大人になった名無しさん:2006/04/23(日) 20:53:58
俺は槍ヶ岳にいったときの満天の星空が忘れられない。手を伸せば届きそうな星空…
流れ星もたくさん見たな…。
まだガキだったが、鮮明に覚える

124 :大人になった名無しさん:2006/04/23(日) 22:51:33
道東の雄武に釣りに行った夜の星空は忘れられないほど綺麗だった。
朝まづめまで時間があったから暗いうちから空をみあげるとまるで自分が
透明半球の中心に立っているかのように思えて、都会ではただ深い闇だった部分におびただしい
星が連なっているのがわかったとき、感動した。
右の耳からは潮騒が聞こえ、左からは虫の鳴き声と時たま通り過ぎる車の音。
草の擦れる音が静寂に実に巧妙に溶け込んで、心地よく耳に響く。
昼間なら牛と海という面白い情景も見られ、都会の喧騒とは全く無関係な空間にたたずんでいる。
見上げて少しすると流れ星が綺麗な線を描き半球を下っていく。
まづめ時が近づくと、オホーツクから昇る朝日を見ながらその方向へ何度も何度もルアーを飛ばす・・・。
日の出とともに海が真っ赤に燃え、カラフトマスの背びれが炎から顔を出す・・・。

最近はなかなか行けてないけど、今もこれは変わっていないと思う。

125 :大人になった名無しさん:2006/05/30(火) 00:45:50
青空で抜ける>>1はすごいな
もちろん釣りだけど、一瞬思った

126 :大人になった名無しさん:2006/07/03(月) 17:43:18
銭湯帰りの夜空

127 :大人になった名無しさん:2006/07/07(金) 23:54:16
4、5年前かな
俺はリゾートバイトで十勝にいた
そこで獅子座流星群を見た
早番終わりのバイト仲間と車に乗り、夜の一本道を走った
緩やかな丘に車を止めた。エンジンを切って気が付いた

明るい…
ひんやりとした夜の空気に全身を包まれ空を見上げた
本当に手が届きそうだったよ。夜空の隙間が無いくらい、一面が星だった。
そして視界の中で青やオレンジの流れ星がビュンビュン飛びかった
もう、言葉が出なかった

後にも先にも、星の光で回りが見渡せるくらい明るかったのは、あの時だけだったなぁ。

長文、乱文失礼しました

128 :大人になった名無しさん:2006/07/15(土) 13:58:22
午前2時踏切に

129 :大人になった名無しさん:2006/07/16(日) 22:29:35
望遠鏡を担いでった

130 :大人になった名無しさん:2006/07/16(日) 23:26:44
ベルトに結んだラジオ

131 :大人になった名無しさん:2006/07/17(月) 02:56:02
巨人がまた負けている

132 :大人になった名無しさん:2006/07/19(水) 19:24:29
37分後に君が来た 大げさな荷物しょってきた

133 :大人になった名無しさん:2006/07/21(金) 08:48:55
夕暮れの商店街
いつか買おうと思ってた惣菜屋のコロッケが美味そうだった

134 :大人になった名無しさん:2006/07/22(土) 14:35:33
高校の友人連中とカラオケいって、帰り道で迷った(午前3時頃)
街灯すらない中で見る、冬の星空はとても凄かった

135 :大人になった名無しさん:2006/09/21(木) 23:32:35
もうすっかり秋だね〜

晴れてる日は空がすごいきれいだ。
そんな日は、ホントは立ち入り禁止の高校の屋上で、昼休み横になってぼ〜っと空見てる。

もう高3で、これからこんな風に空ながめること無いんだろうなって思うと、無性に切なくなってくるんだよね。

136 :大人になった名無しさん:2006/09/28(木) 00:49:15
友人に紹介されて、ある場所へ行った。
そこは自分の住んでいる町が一望できる山の上で、その夜景に圧倒された。

137 :大人になった名無しさん:2006/10/09(月) 22:31:00
>>135
屋上に上がれるってのがうらやましい
俺の所は鍵掛かりっぱなしだった

138 :大人になった名無しさん:2007/01/07(日) 02:03:17
 

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)