2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さびしんぼう その2

1 ::2006/11/20(月) 00:05:58 ID:oiqG5UUJ
ひとがひとを恋うるとき、
ひとは誰でもさびしんぼうになる

前スレ【大林】さびしんぼう【宣彦】
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1066511549/l50
 
とかく荒れがちなスレですが、
荒らしはスルーの方向で、しんぼう、しんぼう

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 00:06:58 ID:oiqG5UUJ
2ゲッターを阻止んぼう

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 18:39:38 ID:/VDmEYdY
こんちわどうも、いい映画ですね。

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 19:19:00 ID:Hx7eGNay
さびしんぼう
http://www.youtube.com/watch?v=NGT3WQjM_MM

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 22:41:15 ID:ABW8FXWx
どうもです。ラストでピアノに向かう富田靖子の横顔、そして笑顔。
本当に素晴らしかった。
が、残念ながらその後に「♪さーよならー」と歌が始まると
一気に引いてしまいました。もちっと余韻のある曲ならさらに良かったけど…
といってもDVD版のように歌を外しても、ちょっとねー。
それだけが自分的には玉にキズ。
でも、私の好きな日本映画BEST20本には必ず入ります。
尚、喜劇部分についてはノーコメントということで。



6 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 23:01:05 ID:oiqG5UUJ
確かに『時かけ』に比べるとやる気の無いエンディングでしたなぁ

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 23:55:52 ID:oY7W6fBa
しょうがないよ、この映画はアミューズが作った映画であり、
あの当時、アミューズは富田靖子を売り出してるところだったん
だから。
当然主題歌も売らないといけないんだから。
おれはむしろ逆で、あの田中タツ子っぽい富田靖子を再び見る
ことができて、すっごい嬉しかったよ。

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/22(水) 07:24:38 ID:0Pz4UkDw
ttp://vista.jeez.jp/img/vi6414775446.jpg

伊藤まさやというマンガ家が、スケッチブックに描いたさびしんぼう

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/23(木) 07:55:26 ID:P5U9PXoJ
エンディングの富田靖子はさびしんぼうの衣装だけど、顔は白塗りしてなかったよね。

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/23(木) 12:07:47 ID:yl6hc42c
>>9
あそこは歌手としての出演だからでしょ

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/23(木) 18:37:43 ID:XoRvquej
富田靖子の「橘百合子」を観るためだけに、この作品を何度鑑賞したことか。
白塗りの女の子なんて、知らん。

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/23(木) 18:44:06 ID:P5U9PXoJ
オレはさびしんぼうのメイクが好きだなー
衣装はチャップリンの『キッド』だってね

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/25(土) 11:18:43 ID:MbVWM7mq
>>11
女性は白塗りのさびしんぼうに感情移入するからな

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/25(土) 12:01:13 ID:4TV9IqE3
あの役は原田知世でも小林聡美でも代替不可能

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/25(土) 13:05:49 ID:vZPkBnBJ
富田靖子は見事に演じ分けていたね。
尾美くんもいってたけど、橘百合子の時は冗談もいわず、おとなしくしてたとか。
石田ひかり同様、役にのめりこんでしまうタイプ。根っからの女優さんだね。

俺は、田中タツ子がすごいかわいくて好きだった。
彼女のさびしさより、明るさが好きだった。
橘百合子と田中タツ子、どちらに思いを寄せるかでこの映画は大分見方が
変わってくるね。

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/25(土) 15:37:52 ID:L3RRe15M
現在2007年夏公開予定で「転校生」の監督自身のリメイクが
長野県長野市を舞台に撮影快調と、本日の東京新聞朝刊に
載ってたよ。

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/25(土) 17:29:25 ID:PhpeqMI/
>>14
確かに演技力ではね。

でも主題歌の歌唱力では知世に(微妙に)軍配が上がるw

18 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 01:23:28 ID:pOtyOswt
>>17
言えてます! 。・゚・(ノД`)・゚・。

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/26(日) 12:42:57 ID:0JSt2/6k
どっちもどっちだろw

原田知世は後にうまくなった。「雨のプラネタリウム」とか最高に好きだな。

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/29(水) 07:51:10 ID:dFE0a7dP
俺も元気でおきゃん(死語)な富田が大好きなのでタツ子や白塗りの方が好きだ。
その後、メンヘルな役が多くなっただけにね。
今やってるビールのCMみるとちょっと元気な役で嬉しくなる。

そういえば、時々借りてDVDみるけど、角川大林はステレオ(5.1含む)なのに、
モノラル「だけ」なのがさびしいな。音楽や環境音が大切な映画なのに。
そしたら手元に置いておきたい。

21 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 00:33:14 ID:974POaHF
わざと、モノラルにしたと監督が言ってるね。
それと、さびしんぼうのサウンドトラックに使われている音源はステレオ録音だよ。あたりまえか。
映画用にミキシングダウンする際に監督がモノラルにしたわけ。音質も映像を邪魔しないように、わざと落としてある。
当時の富田靖子のCDにサウンドトラックが一部入ってるけど、ステレオ録音だし、音質もいい。


22 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 08:07:29 ID:G905x1DN
そういえば特撮も、アルバムから写真が舞い上がるシーンだけにとどめている。
ストイックな映画だな。

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 10:57:07 ID:Xm6VFQoN
なんでそれで「ストイックな映画」になるんだ?

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 11:22:33 ID:G905x1DN
大林のあのタイプの映画だと特撮カーニバルみたいになりそうなもんだから。

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 11:45:10 ID:Xm6VFQoN
なるほど

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 22:09:46 ID:HMK7bWDz
そのチープな子供の落書きみたいな特撮がどうしようもなく
炸裂しているのが「狙われた学園」(薬師丸ひろこ)と「金田一
耕介の冒険」かな。
自分は別にいいんじゃない?と思う方だが、公開当時、映画館
では「なんだよ〜この安っちいの、ぶち壊しじゃねーか」という声を
聞いたしね。

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/30(木) 23:29:18 ID:G905x1DN
そもそも「HOUSE」から始まってる。

28 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 11:08:08 ID:Tz5frZKj
「HOUSE」の時は子供っぽいやすっぽさもキッチュで面白がられたりしたんだけどね。
「時をかける少女」も脚本は優れていると思うのだけど特撮シーンがマイナスになっている。
そもそも大林ってファンタジックな要素は好きなんだけど発想するイメージは貧しい人だと思う。
彼の映画の「チープな子供の落書き」は特撮がチャチというより画面が平板だから。

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/01(金) 21:16:38 ID:FOOxBhGT
「転校生」のあの抑え目な特撮(階段から落ちるコマ撮影ぐらいだけど)が
すっごく良かったから、「時をかける少女」のクライマックスの派手派手な
特撮がすごい嫌いだった。
のっけからうそ臭い(わざとなんだろうけど)スキー場のセットだし。
オープニングはすごい良かっただけに余計に浮いてる。
これは「異人たちとの夏」でもいえるけど。

「さびしんぼう」でまた抑え目な特撮?に戻ってくれて本当に安心した。
大林監督は映像の魔術師なんていわれたけど、ちょっとセンスが変な方に
からまわりする傾向にある。それが口に合わないことが多いんだな〜。

むしろ監督は派手派手な特撮より、「転校生」「さびしんぼう」「廃市」「デン
デケ」などの特撮を使ってない映画の方が評価高いからねえ・・・。

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 07:04:53 ID:F1TI/Qp3
「時かけ」のタイトル前のシーンは音楽に救われてる。セットから車内に移るシーンが
それで繋がって見える。

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 09:35:56 ID:Sgy1FeRj
変にリアルすぎる特撮で、現実と映画の中の世界を
ごっちゃまぜにさせないようにするためなのかなぁ。

あくまでも「これは作り事ですよ」という注意書きみたい
なものかも >チープな特撮

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 11:47:37 ID:H3iEXdZw
冒頭のシーンは、昔のハリウッド映画のように、撮影は基本的にスタジオ内でセットを使う、
というような監督の好みが出たんじゃないの?
大林映画で、嘘くさい表現(チープだとはオレは思わんが)は意図的に行われているんで、
監督なりのある思いがあるんだろう。

33 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 15:48:51 ID:exZuAXVz
昔のアメリカ映画が大好きだもんね〜監督。

34 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/02(土) 19:21:07 ID:SHgWTWzj
この映画、初見時に「消防のころ読んだ絵本だか児童書なんだかのパクリじゃん!」と思った。
いまでは深く反省している。

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/03(日) 01:50:18 ID:RK5CtR5e
ビデオでさんさん見たんだが、
今頃になってDVD購入。
特典が沢山あっていいねぇ。
いまから見ますw
何故かアマゾンで割り引きしてたw

36 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/04(月) 19:46:17 ID:dM5T9z7G
チープでチャカチャカした子供っぽい特撮シーンのかわりに
チープでチャカチャカした子供っぽいギャグシーンがあるんだから
安っぽさは似たようなもんだけど。

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/05(火) 19:05:07 ID:bLFXG7Ya
その幼稚さが大林映画の嫌われる部分であり
ファンには堪らない部分でもあるんだな。

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/06(水) 08:35:27 ID:KsVQ0Okj
ねらわれた学園を観ていたら、途中で席を蹴って帰った客がいた。
あの映画もオープニングなんかいい感じなのだが、ラストの超能力戦は……

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/06(水) 09:08:59 ID:KsVQ0Okj
オープニングがいいといえば、「金田一耕助の冒険」もオープニングだけ
繰り返し観たいぐらい良かった。もっともあそこは和田誠の仕事だが。
ついでに「少年ケニヤ」も良かった。

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:17:37 ID:lew4Dyaz
幼稚さへの嫌悪と、その嫌悪を顕わにしたい気持ちというのは、
幼稚な映画ではなく、見る人本人が、幼稚だと思われたくないという気持ちが
強い場合に沸き起こるもの。
作品はいわばダシでしかない。
まあ、映画のレビューの大半はそんなもん


41 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 22:27:46 ID:JKE4Yyz6
幼稚で結構ですが?

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 07:55:28 ID:dKKaERek
↑ああ、懐かしいね、その言葉使ったことがある。

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 08:39:20 ID:CoSdGzx/
か〜ぜもないのにブ〜ラブラ〜

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 08:40:33 ID:EL8wCUCn
>>40
いや、素直にチャチな特撮と寒いギャグには萎えるよ。
まあ、盲目信者には「痘痕もえくぼ」だろうが。

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 12:16:57 ID:6L9yMA7H
はいはい。もういいからそういうの。

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 12:28:09 ID:MThKN7mI
また前スレのくだらない流れを繰り返したいアホがいるのか?
特撮なんて1ヶ所しか使ってないのに。
よっぽど構って欲しいさびしんぼうなんだな。

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 18:20:59 ID:obgD4W3z
>>40
「幼稚」という言葉で一緒に括っているから勘違いすんだ。
この映画の場合の「幼稚さへの嫌悪」というのは
鑑賞者の意識が幼いこととは関係なく
映画としてあまりに稚拙であることへの非難だ。

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 18:22:55 ID:uKiT87qK
だからどうしたっていうしかない。もはや。
今更どうしようもないんだし。

ファンはそんなことどーでもいいからこそファンなのに
それを今更批判したところでね。
それがわかってるくせに「盲目信者」とか言ってるのが
アホなわけで。

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 19:08:35 ID:L4TOtMoQ
まあ、映画が好きな人と、そうでない人との差ですよ。
映画が好きな人間が、他人の趣味だの、気に入らなかった作品だのにどうのこうのなんて
言わないっつーか、そういう欲求が湧き上がってこない。
あっても「これ(別のフェイバリット)の方がすごいよ」って話になる。

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 19:29:09 ID:obgD4W3z
それは映画が好きな人と、そうでない人との差ではなくて
批評眼や審美眼がある人と、そうでない人との差だよ。

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/12(火) 19:32:49 ID:BqJYwy2Y
>>50
で、おたくはそれを持ってるつもりなのね?

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 00:05:52 ID:ZLNbkN1T
あ〜ぁ、また攻めて来た。

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 00:35:55 ID:ii2aRUkW
今後、信者とか使ってくる人は無視に限りますね。
もともとバカにしようという気満々な人ですから、
まともに相手するだけバカらしいと思います。


54 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 09:31:25 ID:ZLNbkN1T
ここでキネ旬や黒澤明を持ち出すと、またスパイラルが始まって雨天コールドだからね。

55 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/13(水) 23:37:45 ID:+bYPCrQq
好きな映画について好きに語る、
ただそれだけのスレですよw

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
以下馬鹿は無視w

56 ::2006/12/14(木) 00:38:32 ID:BXKe9okD
同意です

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 10:12:50 ID:IRUmjy4p
そんな金玉に私はなりたい

58 :↑↑↑:2006/12/15(金) 10:54:53 ID:KauGEnqo
3行目までは同意
最後の1行で自分も同類

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 12:27:17 ID:pv1kRh+T
サントラの別れの曲弾いてるのは、監督なのかな。
凄い下手なんだが思い入れのある演奏

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 18:50:00 ID:JzRTIiFj
ありうる

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 22:25:19 ID:YB9Mb4vE
尾美くんがピアノ弾いてる時の手は、まさに大林監督の手だからな。

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 23:38:26 ID:AQ8f+0su
わざと下手に弾くのは難しいかな

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/17(日) 20:31:10 ID:4k972+Ci
この映画を見た後、発作的に尾道へ旅したのがもう20年前。
今の尾道はそのころとは変わってしまったみたいだね。

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 00:07:33 ID:/AbVvwMI
どんな街でも20年も経てば大きく変わるもんさ。
変わらない方がおかしい。

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 07:58:34 ID:GiOV2lEq
変わらないところはがんばって保存してたりする場合もあるんだろうね

66 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/18(月) 11:41:43 ID:Abg5jIWb
林や森は保存すれば大丈夫だが、
町並みは規制も難しい。京都がいい例。

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/23(土) 02:12:09 ID:aEY6nB3f
いつになったらDVDがトールケースになるんだ

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/23(土) 04:14:24 ID:zA5KcI5n
DVDをトールケースにして、1980円ぐらいで売れよ東宝!!
いや、980円で・・・。
もっと多くの人に観てもらう努力をせんかい!

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/23(土) 19:31:25 ID:Hpjq6ypc
需要の価格弾力性から判断すると難しいね

70 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/24(日) 12:42:58 ID:2Ux42NME
三部作といっても、版権がそれぞれ違うのがネックだな

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/25(月) 03:22:14 ID:HDBEjoDq
PTA会長ががらがらで金玉出す場面や母親の背中にゴキブリが入るところでのどたばたは
引いてしまうな

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/28(木) 13:01:38 ID:yovnkbn0
>>68
この映画は時代と共に風化していく典型だからな。
新規ファン開拓は難しい。
「あのころ」を懐かしむオジサンだけが喜ぶ。
オジサンだけしか買わない。
オジサンはそこそこ金持ってる。
高くでも買える。

73 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/29(金) 14:31:16 ID:jJ20SeDU
この世の中は税金を払ってる大人たちのものです。
だからオジサンオバサンのためで正解です。

中途半端でひよっ子な餓鬼どもは納税するまでは
祖先から大人達に引き継がれた世間に仮住まいし
て、世間のインフラを使用させてもらってるだけの
存在なので、立派な大人になるために奮闘せよ。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)