2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【木下】 楢山節考  【今平】

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 03:59:09 ID:qCkS/fLh
名監督によって二度映画化されたが、両方を対象にして語ろう

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 07:41:39 ID:BI+XIfjr
初めての2ゲット

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 08:06:36 ID:INjriqIA
今平版しか見てないが木下版もあんなにエロいの?

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 10:46:23 ID:Q/ue4Og+
>>3
木下版は舞台形式で歌舞伎みたいなの
原作に忠実に出来ているの

今村版は「神部」も混ぜて、ヤッコのお話が混ざってるでしょ
原作者の深沢七郎集の一巻に今村が寄せたエピソードによると
木下版は素晴らしい!芸術的で!まさに民話の世界!・・だけど・・
もっと、ドロドロしたセクースも生として描きたい!
「東北の神部たち」と「楢山節考」と混ぜて映画化したいと深沢氏に持ちかけたらしい

ちなみに今村版で印象的な
松やんがおりんにだまされて実家の雨屋に行き
一家生き埋めにあうのは今村の映画でだけある部分で
原作にもないにゃ

あと、関係作(?)で新藤兼人の「生きたい」も「楢山節考」をテーマにしてる
新藤は今村版に村人役で出演もしてるね

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 10:53:26 ID:Q/ue4Og+
あ、雨屋が「楢山さまにあやまる」シーンはあるよ
原作にも、木下版にも

松やんは原作では死なないで、おりんが山に行った後に
おりんが使っていた帯を使っていいる。

けさ吉はおりんの大切にしていた綿入れを座布団にしていたりして
辰吉はおりんが雪の中で綿入れを思い出しているだろうかーとぼんやり思うんだよね



6 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/28(月) 23:12:34 ID:8x1K7e9p
今村版しか見たことないけど、大好きな作品です。小説も好きです。
小説には深沢作曲のギター譜がついてますが、映画の民謡はそれに準じてるの?
(楽譜読めないんです)

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 00:26:52 ID:njEE9LUv
辰平がおりんを山へ連れて行って、いろりで暖まるシーン。

けさ吉が連れて来た嫁のお腹がアップになり、次に、台所に立った
玉やんの後ろ姿の腰のあたりがアップになる。

ここのところは、「ふたりの嫁が身ごもった」という意味のアップだと
思っていたが、
「おりんの綿入れが若い嫁に、帯が玉やんに」という意味だと、何回か
見てやっと気づいた。

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 01:12:29 ID:3GIvX2q+
左とん平を見るたびに思いだす

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/01(金) 01:22:49 ID:U9gMWIx8
>>4
原作にはセックスのエピソードなんてないのにスケベだね今平は。

玉やんは原作では辰平と同じ年の45才なのに今平版では38才に変えられている。
45才の女とはやりたくなかったのかな。

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/02(土) 00:57:04 ID:WtyxHoBy
左とん平って、可哀想な役だった・・・w
クサイと言われ、おえんには飛ばされ・・・・
あげくの果てに、70婆さんとベッドインだ。


ところで「ヤッコ」っていうのは何?
次男以下の、男のこと?

11 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/02(土) 01:34:55 ID:5yA676GB
その通り。相続権のない次男以下の男子がなる、農奴のこと。
「やっこ」は奴卑のことではないかしら。

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 13:42:44 ID:WDGuBzzQ
両方ともBS2で放送された。しかしNHKで今平バージョンが放送されたのは
NHKの大英断。世界的に評価されるとSEXシーンもありなんだ。

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 19:53:11 ID:7UYDvQEd
>>10
嬉しそうだったけどねw

原作の「神部」で跡継ぎのあとに生まれるのが
「女の子なら売れるから女がいい」みたいなのが生々しくてねぇ

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 20:05:45 ID:gixQd04m
おりんが火をくべながら、小さい声で歌う歌・・・・

「♪玉やん、玉やん〜 辰平のところへ来た玉やん〜
 ちっとデカくてブサイクだけど〜♪ いい嫁だ〜♪」
そりゃ美人ではないが・・・・あき竹城カワイソスw


全編にわたって、ヘビがネズミを飲み込むシーンやら、カエルや蛾の交尾
シーンやらカマキリの共食いシーンやらたくさん出てきてキモス

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 20:08:11 ID:gixQd04m
>13
確かに、70婆さん相手でも嬉しそうで、何度も挑んでいたのにはワロタ。

「使やぁ使えるモンだなぁ〜」という婆さんのセリフにも笑った。

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 22:35:21 ID:WDGuBzzQ
現代でこれをやったら「保護責任者遺棄」になるんだね。
スレ違いでスマソ

17 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 01:33:29 ID:+fS/upwa
>>16
??

18 :名無し映画ファン:2006/09/06(水) 11:55:04 ID:jMa1RAhH
田中絹代・坂本スミ子御両人は、石臼で歯を欠くシーンの為に、
本当に歯を数本抜いた。

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 16:12:14 ID:9SnScbYg
>>17
姥捨てのことでしょ?

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 19:53:49 ID:vImAfQ9K
姥捨ては伝説であって実際にあった話ではない。

21 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 21:00:51 ID:WojyOaxt
そんな風習が幕府の耳に入ったら地元領主の首が飛びますがな。

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 22:15:37 ID:JMFQ9wX2
楢山節は天保以後のもう幕末だから、領主の首は飛びかけている

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 20:43:41 ID:tFNut17F
楢山さまは道があっても道がなく、上へ上へと登っていくと神様が待っている。

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 21:11:17 ID:UhGE2R28
>>16
確かにスレ違いだ

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/17(日) 21:41:50 ID:P584XlJ9
木下版>>>>>>>>>>>今村版

だね。  今村は人間ドロゴロギトギトしすぎて濃すぎ。描写がわざとらしすぎ。
木下版のほうが淡々とした場面運びでもしっかりテーマは流れてるので○。

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/25(月) 01:37:56 ID:irNMZn2r
今村は「神々〜」以降、過酷なロケによって獲得したリアリティに安住してしまい、撮影そのものの生々しさを取り逃がしてしまいがち。
かと言って木下版が原作の良さを凌いでいるとも言い難い。

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/06(水) 18:31:21 ID:SKzse7DE
カンヌから帰国した主演の坂本スミ子は大勢の報道陣に囲まれたが、
その理由はパルムドールのことではなく大麻のことだったらしいなw

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)