2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦前の東宝を語りましょう!!

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 22:06:56 ID:jWjSwvRV
李香蘭、山田五十鈴、高峰秀子と
かなり豪華な女優さんが所属してらした
映画会社です。
また、いろいろと素敵で今見ても色あせない
軽いテンポの映画が多くあり、非常に素敵と思います。
戦前映画の中ではトップクラスと思いますね。東宝は。

2 :本町通り十四番町 おおとり劇場支配人:2006/03/12(日) 00:04:25 ID:yIJIAGI/
私的には始まりはPCL。楽しい音楽映画「ほろよひ人生」千葉早智子。都会的な美人でした。
いかにもセットという感じの駅のホーム。しかし・・・ホームで生ビール売ってるなんて!
でもあんな美人の売り子さんならいくらでも呑んでしまうでしょうね。
大川平八郎も初期の二枚目でした。竹中直人に似た?若き滝沢修。
堤真砂子は可愛い女優でした。今風に言うなら癒し系?
一連のエノケンもの楽しいものでした。
「ほろよい人生」の主題歌「恋は魔術師」「酒呑みの歌」も大好きです。
ラストシーン近くでガンさんこと丸山定夫と藤原釜足が歌い踊るのは若々しく好きなシーンでした。
「すみれ娘」も忘れられません。平和で良き時代の青春東京の象徴でもあるPCL.
私自身の青春でもありました。パソコンも携帯もなかったけど人は皆優しい時代でした


3 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/20(月) 23:17:16 ID:KrjhjX38
「ほろよひ人生」私も見たけど、ちゃんと後の東宝カラーにつながるような
モダンで都会的な作品でしたね。
戦前の東宝だと好きなのは「エノケンの孫悟空」かなぁ。
なんというかヤケクソのように豪華。
太平洋戦争が始まる前の最後の打ち上げ花火という感じでした。
今見て驚くのが、テレビが劇中に登場していること。
ま、イロハのイの字を映してから15年くらいは経ってるけど
当時の人はどんな感覚で見てたんでしょうかねぇ?


4 :本町通り14番町おおとり劇場支配人:2006/03/21(火) 19:36:32 ID:kSL8AFP5
「エノケンの孫悟空」いいですねぇ。戦前最後の楽しい映画で劇中のテレビを見て
「あと何十年もすると家の茶の間で好きなように見られるようになるんじゃないのか?映画なんかもその辺の本屋で売ってたりして
してよ!」などと言っていた友人。その通りになりました。テレビやビデオの出現も知る事もなく友人は南方の地で散りました。
映画を観ての帰りはいつも酒を呑んでとりとめもない話をしたものです。
お気に入りのカフェの女給さんの帰りを待ち伏せして駅まで後をつけたり
今風に言うならストーカー?
「春よいずこ」も忘れられません。主題歌の「なつかしの歌声」もだいすきでした 



5 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/21(火) 22:59:09 ID:ZJCdq0M3
>>4さんに敬礼!

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)