2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

環境省の天下りで温泉がなくなる!

1 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:12:48 ID:AS7SKQF9
環境省の天下りの為に源泉かけ流しの温泉がなくなります!
環境省は温泉旅館に水質汚濁防止法を理由に一台3〜4000万する機械を
導入させようとしています
この法律は元々工場排水等を規制する法案だったのですが
温泉の泉質自体にホウ素やフッ素が多く含まれているから
源泉かけ流しを提供する温泉旅館は健康被害を起こす可能性がある
と言いこの機械を無理矢理買わせようとしています
温泉旅館は規制されますが公共の自治体がやってる温泉日帰り施設は規制対象外とのことです
理由は厨房施設が無いからという馬鹿げた理由です
勿論 零細の温泉旅館が数千万もするこんな機械を買えるわけありません
買わないためにこれらの旅館がすることは
水で温泉全てを薄めて希釈せねばならないと言う事です
この機械を製造してるメーカーには環境省のOBが天下っている模様
天下りの為に源泉かけ流しがなくなってしまうかもしれません



2 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:20:04 ID:AS7SKQF9
関連記事

http://allabout.co.jp/travel/yado/closeup/CU20061123A/index.htm


3 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:28:16 ID:I2+RWDUo
これって本当?まあ温泉がなくなる事はないと思うけど。。
公共の自治体がやってる温泉日帰り施設は健康被害を起こす可能性がないの?ホウ素やフッ素はどうしたの?って感じですね。
草津なんか全部源泉かけ流しなのにどうするんだろう?恋の病以外に効く素晴らしい効能が健康被害だと言うんだろか?
私利私欲に生きる政治家イラネ。

4 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:30:20 ID:l41u4OFu
かけ流した後に濾過すればいいんじゃない?

5 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:32:00 ID:AS7SKQF9
環境省 利権官庁化へ

http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/takagi01.htm


6 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:34:24 ID:AS7SKQF9
>>4
濾過装置が一台3000万から4000万
昔から温泉権もってるかけ流しの民宿は導入できないよ
でも自治体の日帰り施設は導入しなくても良いんだってさ

7 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 00:49:53 ID:I3UUdrtZ
この問題は既に3年程前に週刊誌で報道され当時大騒ぎになった。
その時は2004年に法適用開始の予定だったが
結局環境省が譲歩して2007年まで延期されてる。だから

>この問題は、ほとんど広報されず、誰も知らないまま、突如、
>日経MJ(06年11月22日号)に掲載されることで、
>世間に知れ渡りました。

ってのはネタ元の記事を書いてる人の誤認。
まあ今回も2010年に延期でケリが付くと思うよ。
また創価さんにでもお願いしてね。
ttp://www.komei.or.jp/news/daily/2004/0601_03.html

8 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 07:29:41 ID:VSMcrBRP
天下りは早く消えて欲しいね。
地上デジタルチューナー押し付けや、
中古家電問題の時や、
駐車禁止厳罰化、
果ては郵便番号が7桁になったのも全て天下りが新たな就職先を見つける為だったろ。
あいつら無能公務員をこのまま放置しておくと日本は北朝鮮みたいになるよ。



9 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 18:46:58 ID:HLaByqUj
法律ができてしまっても
温泉宿業界が団結して完全無視でいいんじゃない?
問題がこじれれば世間の目も集まる
そうなれば当然環境省と天下り起業が民意の血祭りに
それでいいんじゃない?

10 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 23:54:37 ID:T9wvrknk
>>9
それじゃだめだよ
きちっと廃案まで持っていかなきゃ
いつまでもいたちごっこだよ

11 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 00:30:35 ID:Jt3bD4Gd
・・・環境省、数少ないマトモな官庁だと思ってたのに・・

12 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 06:32:42 ID:HFadGDBA
利権…。

13 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 06:51:25 ID:eZPFK6Bb
>>1-4
>>7の言うとおり、温泉旅館には暫定排水基準が平成19年まで適用されている。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46F03101000035.html
この省令の中に、公共施設の適用を除外すると読める文言は存在しない。
嘘だと思うならリンク先の「附則別表」を読め。

それから、水で薄めなくても、公共下水道に排出するという手段もある。
下水道にも暫定排水基準が適用されるが、こちらは公共のお金で処理施設を改良できる。

>>9-10
今回改正されたのは法律ではなく省令。水質汚濁防止法は昭和45年からある。
違反した場合は水質汚濁防止法第十二条第一項違反となり、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が行為者、その法人又は人に科せられる。

>>1-6 >>8-12
おまいらが心配する前に、平成12年のパブコメで既に意見のやり取りもあった。
http://www.env.go.jp/press/file_view.php3?serial=958&hou_id=1438
[意見の概要]
> 温泉排水中のほう素の除去技術が確立されていないなど、温泉排水について、
> 低廉かつ維持管理が容易な除去施設の実用化に向けた研究が推進されるよう、
> 国として支援をお願いする。

[意見に対する考え方]
>  ふっ素・ほう素の排水処理技術については、引き続き、環境庁をはじめと
> する国として、新しい技術の開発・実用化に向けた研究が一層推進されるこ
> ととなるよう技術的支援を行うとともに、それらの技術の評価付けを行い、
> それらの普及を促進するなどの措置を講じる必要があると考えています。
>  なお、温泉水を排出する旅館業については、経過措置としてふっ素・ほう
> 素の暫定排水基準を設定することとしています。

何でもかんでも天下りや利権に結び付けて騒ぐのは能無しに見えるからやめたほうがいいよ。

ということで、この問題は終了だな。

14 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 12:28:52 ID:fclTNKRV
ん?>1は、たぶんそのくだりでは、温泉日帰り施設は規制対象外、
ってことを言いたいんじゃないのかな(旅館業のみフッ素、ホウ素の規制あり)

公共の自治体がやってる、って何故か限定して付けたのは馬鹿っぽく見えるし、
そこに確としたソースも無しに、それは天下りの利権のせいだ、と言ってるのも
馬鹿っぽく見えるのは非常に同意だけど、確かに、なぜ旅館業に限定するのか、
なぜ日帰り施設であったら、水質汚濁防止法の対象外になるのかは、
まったくもって意味不明ではあるなあw

しかし、この省令の問題を考える場合、実際にどのくらいの温泉が引っかかるのかねえ。
フッ素にしてもホウ素にしても、他業種より甘めな設定になってる事もあって、
話題に出てた草津の源泉の一つを見ても、暫定制限基準域には達してないようだけど。

また、この基準を超える値を示す温泉があったとして考えると、
その場所が上下水道の完備された地域であったらまだしも、
温泉はそんな所ばっかりとは限らないどころか、電気すら来てない所もあるし。

まあ、ど田舎だから環境を汚染していいかと言えばそうではないけど、
今挙げたような地区があったら、この省令を遵守して温泉旅館は続けられないねえ。

ぶっちゃけ、個人的にはそんな秘湯に近い所は立ち寄り湯で済ませた事しかないけど、
普通の温泉街で、川から湯気が立つのを見られなくなるのは寂しいなあ、と思うぞw

15 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 17:46:48 ID:2DJgUkrh
そもそもフッ素やホウ素なんかよりはるかに毒性の強い塩素入れさせてる時点で、論理的に破綻しとる。

16 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 18:11:50 ID:YIDocYvy
理論的には酸素も発ガン物質だよ

17 :13:2006/11/30(木) 03:02:34 ID:3/PAn5qc
>>14
> なぜ日帰り施設であったら、水質汚濁防止法の対象外になるのかは、
だから、そんな規定はどこにもないと言っているんだ。

公共施設や日帰り施設が外れていると言う法的根拠はどこにもない。
むしろ、旅館業に対して、特別に緩い基準を課すと規定されている。

「附則別表」は限定列挙であって、ここに載っていなければ本体の厳しい規制が適用される。
日帰り施設でも、排水口があって、排水基準のある物質を出していたら規制対象になる。

>>15
フッ素やホウ素はWHOの基準で有害な物質として指定されている。
塩素は殺菌効果があるので、むしろ最低減これだけは入れろという基準がある。

日本で被害は出ていないはずだが、外国では被害が出ている。
牛やエイズだったら「外国で被害が出たのに規制しないのはおかしい」と言う香具師が必ず出るのに、どうして水に対しては甘いんだろうか。

18 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 03:51:43 ID:IcCWWuhf
関係者乙

19 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 09:21:14 ID:l1BuY/8O
どれ、ざっと読み込んでみた。

とりあえず>13の記述>「附則別表」を読め だと、
そこにあるのは業種指定のみで、そこに指定されていないものは
除外であるとか以前に無関係、と思われても仕方なくないかねえ。
そこから備考→別表第一→第一条 で、ようやく日帰り施設も
無関係でないかもなあ、と思えるくらい。

とすると、>2のリンク先で述べられている
>さらに、「日帰り温泉は排水規制の対象としない」そうです。
つうのは嘘なのかよ、と思って、改めてもう少し調べてみた。

すると、この省令で出てくる「排出水」の定義を水質汚濁防止法二-5に求めると、
「特定施設」から公共用水域に排出される水、とあって、今度は
その「特定施設」の定義を同2により導き出すと、それは政令で定めるものをいう、とある。
で、その特定施設を定めた政令をみると、
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46SE188.html
六十六の二に旅館業の入浴施設は含まれているし、ついでに病院の入浴施設も
含まれているけど、公衆浴場や日帰り温泉施設の入浴施設は*含まれてない*ですなあ。

純粋に法益から考えると、13氏の記述は至極もっともではあるけれど、
条文を素直に読むと、やっぱ日帰り温泉施設は対象外、どころか無関係っぽいなあ。
どっかに見逃した一文とかがあるのかなあ。

20 :13:2006/11/30(木) 09:51:47 ID:pLoRH+2h
>>19
スマソ。貴方のおっしゃるとおり。
施行令別表第一を確認したが、日帰り施設が対象になると判断できる条文はなかった。

>>17のカキコのうち、ここは取り消す。明らかに俺の誤認だった。ごめんなさい。
> 公共施設や日帰り施設が外れていると言う法的根拠はどこにもない。
> 日帰り施設でも、排水口があって、排水基準のある物質を出していたら規制対象になる。

日帰り施設は公衆浴場法に規定されていて、最初から施行令に入っておらず、水質汚濁防止法の規制対象から外れている。
だが、都道府県知事の許可が取れれば誰でもできるので、>>1はやっぱり間違ってる。
> 公共の自治体がやってる温泉日帰り施設
とあるけど、自治体が運営するものに限定されていないので。

本来ならば、公衆浴場法に定める施設も対象に加えるべきなんだろうけど。
ふっ素、ほう素でなくたって、汚水は出ているわけだし。

21 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 11:23:35 ID:flEtQ9Qh
日帰り施設に広げないのは、
反対が多いからじゃないの?
温泉旅館だけを狙い撃ちした方が通りやすいからとか
あと環境省の役人が書込みしてるようだけど

22 :13:2006/12/02(土) 02:15:25 ID:T6RrbCP3
温泉旅館は施行令別表に元から入っているので「狙い撃ち」ではないと思われる。
「通りやすい」も何も、今回、新たに加わったのは規制対象「物質」で、「施設」の範囲は変わってない。

だから、温泉旅館から出る排水は、ふっ素、ほう素が加わる前から規制されていた。

他の規定を見ると、調理場を持っている施設は最初から入っているようだ。
調理場に比べて、浴場からの排水って、生活排水という意味では大したことなかったのかな。

23 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/04(月) 09:08:46 ID:p6aPkI5N
終了?

24 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/04(月) 14:59:41 ID:McECTZXZ
この法律の施行で古びた温泉宿がなくなるといやだね


25 :13:2006/12/05(火) 01:59:45 ID:y3eyFHGm
だから、法律でなくて「省令」だとw

「規制をやる」といってから5年たったし、何もしてないと言うことはないでしょう、お互いに。
ま、排水基準の省令で二度、三度と暫定基準(ゆるい基準)が適用され続けた前例はあるけどね。

26 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/11(月) 14:04:57 ID:F2dLlPQr
ともかく環境省がこれ以上利権を追及する官庁になられると困る。
っていうか環境省は公務員じゃなくて、環境NGOなんかに実質任せちゃって良いでしょ
元々能無しで天下りする事しか眼中にない公務員なんだから、
実務はNGOに権限を持たせて任せてそれをチェックするだけで良いと思う。

今の試験偏重公務員よりよっぽど役に立つと思うよ。

後他の官庁も中卒で雇えば良いと思う。
実生活で役にも立たない試験ばかりが得意な連中が、
幅を利かせてるから今の公務員制度が腐ってしまったんだと思う。


27 :13:2006/12/12(火) 00:47:12 ID:2fkp6Men
日本の環境NGOのキャパシティを知っていれば、とてもそんな無責任なことはいえない。
外国には、一国の制度運用を全部任せられるくらいの専門家集団がいるけれど。
そういうところは、自分で仕事を取ってきて、既存の法制度も踏まえて、整合性のある仕組みを作ってしまえる。

日本の環境NGOは殆ど片手間集団で、理想が先走っている感があり、とても制度の運用はムリ。

そもそも、今回の件は利権とは関係ないだろ。法令上の整理の問題だ。
誰かさんが勘違いしているだけだ。

28 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/20(水) 00:28:52 ID:faMyOKJJ
スレ主を筆頭にして、まさに自分たちの温泉に関する既得権益を振りかざして反対するんだろうけど
さりげなく規制強化になっていくだけなんだろうと思う

29 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/20(水) 09:06:49 ID:pxyoOEIy
国民が選んだ政府が決定したので…諦めましょう!

30 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/23(土) 21:14:42 ID:2PDm5zCs
日帰り温泉は環境省の管轄ではなく、厚生労働省管轄のため水質汚濁防止法
は適用されず、公衆浴場法適用なので今回の問題はOK。

温泉旅館が浄化装置入れた場合、ランニングコストも莫大な額がかかると下記
の社)長野市開発公社宿泊温泉課長も言っている。

これは一温泉旅館の経営問題ではなく、全国の温泉場の集落の存続自体が危ぶ
まれる悪法である。

消費者も生き残った温泉旅館で相当高い相当金額を払わされるのではないかな。

みんな旅館廃業で、日帰り温泉施設だな。

ttp://antoi.at.webry.info/200611/article_20.html

ttp://www.miki55.com/onsengakkai/htm/kenkyu2/rondai-tokunaga.htm

31 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/24(日) 10:15:08 ID:zPMRg+Ot
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
残念だが(裏金で県民を無差別に殺す)事実上の
殺人テロリスト犯罪カルト教育集団は実在する。

近藤啓子(1期生)が殺人テロリストなのは間違いない。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

佐藤了は学生や卒業生を使った殺人テロ企画を多発させている。
安藤氏もこの殺害風土で消された可能性がある。
この県の殺人稼業は警察ぐるみである。
赤ん坊から老人まで年間1000人はこの殺人商売制度で消され換金されている。
殺人業態は造園業、道路工事業、除雪作業、病院などの形態を表面上は取り
集団で人を狩り、人肉や臓器に換金する。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
殺害対象は赤ん坊まで多数含まれ、この県では病院で赤ん坊死体が食通マニアのために販売されている。
警察や病院も当然ぐるであり、赤ん坊殺人に関わっている。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
こういった殺人理論を開発しているのが保全生態学(森林科学)研究室である。
その上で環境教育と称してカルト殺人教育を行い、卒業生の一部は次々と県民を殺害し
死体を解体して生計を立てている。それがこの県の実態の一面である。
近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。年間1000人以上が殺害され自然死偽装されている。
近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。この県の住民は彼女を見かければ殺人業者として
接するべきである。そうしないと騙されて喰われる。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
県民は全員、気をつけてほしい。年間1000人以上が理不尽に消され喰われている。
造園業者は危険だ。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。

他県へ「出稼ぎ」もする


32 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/25(月) 10:00:39 ID:CK+RUZbo
まさに天下り官僚の為のパラダイス 
美しい国 ニッポン!
ですね

ほうっとくと北朝鮮みたいになるかもね

33 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/25(月) 14:12:59 ID:3CxsUHqs
http://www.miki55.com/onsengakkai/htm/kenkyu2/rondai-tokunaga.htm

34 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/25(月) 17:26:16 ID:zmdLa3zb
実際の話、フッ素にしてもホウ素にしても、有害、危険、とか
言われても実感わかないもんなあ。
歯磨き粉に入ってる奴とか、うがいの時使う奴だっけ?みたいな印象。
そりゃ、多量に摂取したりすれば危険だろうけど、それを言うなら
塩でも何でも同じことだし。

それに、もしも現状値で有害であったならば、何百年と垂れ流してた筈の
温泉地域下流は、恐るべき健康被害や環境被害が起きてなければ
いけないのに、そんな事は聞いたことがないし、もしもそんな被害が
あるものであったら、そもそもそんな健康、環境被害をもたらす温泉が
良いと思って入る人間なんか居なかったはずだしねえ。

やっぱなかった事に、なんて風になるといいんだろうけどなあ。


35 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/26(火) 14:10:08 ID:Z5es0hwm
34

まったく同感です。



36 :13:2007/01/03(水) 15:34:00 ID:gAS2jkoD
>>34
ならないよ。

欧米では被害出ているし。WHOの飲用水基準にも載っているし。

日本だけ規制しなかったらそれこそ薬害エイズかBSEと同じことになる。

牛肉由来のBSEが出てないといっても、牛肉の輸入は止めるでしょ。アレと同じ。

37 :名無しさん@いい湯だな:2007/01/03(水) 16:33:32 ID:OVOAZ4di
まあ、お互い分かってて議論するのもアホらしいといえばアホらしいんだけど。

そもそも勧告や通達、海外での実害報告が出ている以上、有効な反論を
導き出せない限り、規制するしか道が無い官と、今まで実害無かっただろ?という民。

規制しないでこの後万が一、或いは想定し得る実害があった場合、責められるのは
官だし、官の立場としては最大限規制をかけなきゃいけないのは当然の理だしねえ。

第一、そこまで「官」と「民」が対立するのが当然となった社会自体がおかしいというのは
さて置くにしても、純粋に、個人的には実害は国内で見られてない以上、規制値の変更は
必要なし、でいいんじゃないかと思うねえ。
まあ、それでも万が一(ry な訳になるのが困ったもんだねえw

ここで、もし現況の規制値で、突然風土病が発生していた、等の事実が明らかになったとしても、
自分は官の規制の緩さに対して、批判する気は毛頭ないどころか擁護する、と言っても意味ないしw

まあ、実際のところ、既に出ているように規制基準変更を延長に延長を続けるか、或いはPSE法の
ように、一応基準は出しつつも、実質未規制、って方向に行くんじゃないかなあ。
さっぱりしない結末だけど、これも日本らしい結末ではあるわねw

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)