2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

孤独な男の心に残る言葉・著作(第三巻)

1 :('A`) マンドクセ:2006/11/28(火) 00:54:47 ID:O8wLVRb+0
ああ果てしない夢を追い続け、ああいつの日か大空駆け巡る

前々スレ 孤独な男の心に残る言葉・著作
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/alone/1133367317/

前スレ 孤独な男の心に残る言葉・著作(第二巻)
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/alone/1140614872/

2 :名前は誰も知らない:2006/11/28(火) 00:56:01 ID:jCQA2w44O
光って消えるただそれだけと知りながら光るボクはキレイでしょう?

3 :名前は誰も知らない:2006/11/28(火) 00:58:15 ID:sIyy8GY/O
迷わず行けよ
行けばわかるさ


自分が変われば世界が変わる

俺の教訓になっている

4 :名前は誰も知らない:2006/11/28(火) 21:35:33 ID:E1yBPJnr0
>>1
乙。

5 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 18:41:52 ID:TRNKHeRq0
Aの恋人が犯され殺された。
Aは復讐を敢行し自首する。
弁護士「Aは法律を犯した、しかし人としての罪は一切ない。」
Aは獄中で自殺した。

6 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 20:33:19 ID:BY6QycnZO
あぁ日本のどこかに
私を待ってる人がいる





いねぇよ(泣)

7 :('A`) マンドクセ:2006/11/29(水) 20:42:03 ID:FWTYUYhJ0
美しき人生よ かぎりない喜びよ この胸のときめきを あなたに
この世に大切なのは 愛しあうことだけと あなたはおしえてくれる

('A`)

8 :名前は誰も知らない:2006/11/29(水) 21:25:10 ID:D/56YJbF0
>>1
乙。

−あなたは何故砂漠に魅力を感じているのですか?

「清潔だからだ」

アラビアのロレンス

9 :名前は誰も知らない:2006/11/30(木) 21:58:54 ID:KijanswW0
去年のクリスマス・イブの話。

夜の10時までコンビニでバイト。彼女もいない。お金も無い。惨めなオレ。
家に帰っても、もちろん何も無い。オレは買ってきた酎ハイを飲みながらTVを見る。
ニュースもバラエティもクリスマス一色。気分悪くなる。
炬燵に入りながら、そのまま寝ようとした時あることを閃いた。

「そうだ、サンタに彼女をお願いしよう。」
「もしかしたら願いくらいは…」

馬鹿である。馬鹿なことは自分でもわかっている。
こんなことを考えているから彼女なんてできない。
しかし極限状態の人間は藁にでもすがりたいもの。
紙切れに「彼女」と書いて、さっきまで履いていた靴下を添える。
靴下に何が入るというのか?惨めな気持ちになったが、とにかく形式的に置いてみた。
就寝。

翌朝、目覚めると枕もとの靴下が無い。もしや?と思い周りを見渡す。
・・・・見つからない。
ふと手に違和感を感じた。右手に靴下が履かされていた。

10 :名前は誰も知らない:2006/11/30(木) 22:13:55 ID:66HA/so00
>>6
ワロス
確かにそうだよなw

11 :名前は誰も知らない:2006/12/02(土) 10:42:40 ID:HApiYVOo0
139 :|男|名無し湯|女| :04/10/05 23:16:20 ID:mVZlCajo
松伸で紳助がいいこと言ってたなぁ。
人間に輪廻転成は必ずあると言った話の後。
「マナーやモラルの悪い人は前世は虫や動物で
人間として初めて生まれて来たから人間のマナーやモラルに慣れてへんのや。
だから人間としてキャリアのある君達は怒ったらあかん。
だから銭湯でかけ湯もできんおっさんとか見ても
コイツ一回目や(笑)と思ったらワラケて来て怒れへんで」(大分端折ったけど大体こんな内容)
これ聴いてから俺も前より街中や公衆の場でのストレスが減ったよ(笑)

ログ探ったら出てきた
これ言った後に暴力事件起こしたんだよな。一回目だったのか紳助w

12 :名前は誰も知らない:2006/12/02(土) 11:57:13 ID:EtOWsztHO
僕の病はS博士によれば早発性痴呆症と云うことです。
しかしあの医者のチャックは(これは甚だあなたにも失礼に当るのに違いありません)
僕は早発性痴呆症患者ではない、早発性痴呆症患者はS博士を始め、
あなたがた自身だと言っていました。

13 :名前は誰も知らない:2006/12/02(土) 12:23:19 ID:XDcakwd60
>これ言った後に暴力事件起こしたんだよな。

あれはどっちもどっちだよ
紳助もあれだし
女も銭ゲバだし

14 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 08:42:31 ID:NFnOLZF40
 
良い言葉の一句は、悪い本の一冊にまさる。

ルナール

15 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 17:23:22 ID:7CK4ldzs0
仮に人類という種族を極楽島にでも住まわせるがいい。
そこではすべての生物が自らの意思で生まれ、鴨の群れは焼肉となって飛び回っている。
加えて誰であろうとも自分の恋人をたやすく得て、何の労苦無しに恋人と暮らしていける。
しかし、そうなったら、ある者は退屈のあまり死んだり、首を釣ったり、
またある者は互いに攻撃して首を絞めあったり、殺害したりして、
結局のところ自然が人間に背負わしている以上の苦しみを、人類自らがしでかすことになるだろう。

ショウペンハウエル

16 :名前は誰も知らない:2006/12/03(日) 17:57:23 ID:p7fEb9I10
「そのうち結果が分かることについてあれこれ考えるのは
 バカらしい、だから私は宇宙の起源について考える」


アインシュタイン

17 :名前は誰も知らない:2006/12/05(火) 19:30:16 ID:BJrUltpo0
>>15
他人の首を絞めるようなキティは
即刻消滅させられる島にすればいいんじゃね?

18 :名前は誰も知らない:2006/12/05(火) 20:49:17 ID:glpTdzwN0
その場合、暴れたり嫌いな人間を殺したりできない不満で苦しむだろう。

19 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 00:35:18 ID:Mu0sntPt0
人間は馬や牛の事となると血統や配合についてあれほど気を揉むというのに、
何故自分の子孫の事となるとこれほど無分別に相手を選んでいるのだろう。

ストアのゼノン






20 :名前は誰も知らない:2006/12/06(水) 11:52:24 ID:AbCCLvTg0
>>18
やっぱあれなんだな。
万人が楽園に行けるわけじゃなくて、
選ばれた者だけが楽園に住めるというのは、ある意味正しいんだな。

21 :名前は誰も知らない:2006/12/07(木) 01:49:14 ID:JRmQDMsCO
何事にも終わりはあるものだ。      終わりは必ずしも死だとばかりは限らない、ときには別な、もっとひどい代物だ。   とりわけ子供達にとっては。 セリーヌ

22 :名前は誰も知らない:2006/12/07(木) 11:50:57 ID:HoUcdPO20
「めんどくせえ!」 by アントニオ猪木

マスコミの発言が嘘だったことが発覚したのに、なぜ訴えなかったのかと問われて

23 :名前は誰も知らない:2006/12/08(金) 06:35:49 ID:6j7i1Afb0
乗りてぇ風に乗り送れた奴は間抜けってんだ。

24 :名前は誰も知らない:2006/12/08(金) 07:04:37 ID:VA4qM0Z10
目の前の問題から逃げる人は
自分の人生からも逃避してる人だ

25 :名前は誰も知らない:2006/12/08(金) 11:39:14 ID:x9pqgaSD0
当たって砕けて死んじゃった

26 :名前は誰も知らない:2006/12/09(土) 14:14:09 ID:8tDwLkVi0
「死の床にある時には、幸福に包まれているか、絶望のどん底でありたいものだ・・」
ジイド

27 :|_@)カマキリ ◆i18x.ODXI2 :2006/12/10(日) 14:59:54 ID:a96vzFA10
疑うものは2ちゃんねるを見よ。

28 :名前は誰も知らない:2006/12/10(日) 20:56:13 ID:hNTWGMxx0
夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中 空を掴んだその翼
休めることはできなくて

29 :名前は誰も知らない:2006/12/10(日) 21:03:35 ID:h19uJsMA0
「群れた鮒に、一匹の鯉の心など判るはずもあるまい」

30 :名前は誰も知らない:2006/12/11(月) 14:30:40 ID:yZNoEZQe0
お前たちはもうこのゴランのことを知っておるのじゃろうな。
ユリナはわしを許してくれたんじゃろうか?
いや もうそんなことはどうでもよくなってしまったわ。
あの日わしは友人と酒をのんでおった。
そしてつい雪女…… ユリナのことをポロッともらしてしもうた。
あんなにかたく口どめされていたのに……。
ユリナは怒り この町の者を氷づけにしてしまった。わし1人をのぞいて。
あれから50年……。わしはたった1人で…… 長かった……。
なあ旅の者よ。若い頃のあやまちは誰にもあるものだといわれておろう。
だからこそおそれずに 信じた道を進むべきじゃと…。そして人は成長すると…。
ならばわしのおかしたあやまちも わしの人生にとって意味のある事だったのじゃろうか?
わしにはよくわからん。50年の月日は…… あまりにも長すぎた。

31 :名前は誰も知らない:2006/12/11(月) 15:33:46 ID:yygppNzB0
僕が生き続けることが僕の運命だからだよ
結果人が滅びてもね
だがこのまま死ぬこともできる
生と死は等価値なんだ、僕にとってはね
自らの死、それが唯一の絶対的自由なんだ

32 :名前は誰も知らない:2006/12/11(月) 15:41:07 ID:lK360f+mO
>>31 そのセリフは美少年にのみ許される。

33 :◆lmtxNNuT6. :2006/12/11(月) 15:50:00 ID:M5WyNRR6O
悲しみを全部引き受けたって大丈夫。手加減なんていらない。何処でだって誰の前でだってただ自分でいたい。

ぴろうず

34 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 09:16:00 ID:3SBWnMaE0
朝起きたら、太陽の光と、おまえの命と、おまえの力とに、感謝することだ。
どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら、
それは、おまえ自身の中に、罪がとぐろを巻いている証拠だ。
ショーニー族の首長、テクムセ(1768-1813)の言葉

遊び方を知る者は、いかなる障害をも、飛び越える
歌うことと、笑うことを知る者は、いかなる困難にも、挫けない
イグルーク・エスキモーに残されている格言

人生は素晴らしい。人生は輝かしいものだ。
目まいを起こすほどの高みとおぞましい奈落の底との間を人は常に選べる。
何事も相対的であり、確定したものは何もない。
これを悟るなら、あなたは少年のような心で生きることができるだろう。
子どものような心を持って生きるときのみ、人は生きるに値するものとなるのだ。
そうすれば、多くの事柄を知っても優越感を感じなくなる。
わたしは、自分が例外的な人間だとは思ってはいないのだよ。
人類にただ仕えているにすぎないのだ。
わたしは生き、愛している。
「チベット永遠の書」 T.イリオン著 林 陽 訳 徳間書店 より、ある賢人の言葉

35 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 09:20:26 ID:3SBWnMaE0
マルクス・アウレリウス

人間は、他人の心のなかにあることを観測しないために
不幸になることはほとんどない。
しかし、自分の心の動きを注意しない人は必ずや不幸におちいる。

36 :名前は誰も知らない:2006/12/12(火) 22:47:45 ID:xyF7Cwf20
友人はメロンに似ている。五十個も試さなければ、いいのにめぐり合わない。

クロード

37 :名前は誰も知らない:2006/12/14(木) 06:25:13 ID:Rm6XGCZu0
世の人は我を何とも言わば言え
我が為すことは我のみぞ知る

坂本龍馬

38 :名前は誰も知らない:2006/12/14(木) 17:14:48 ID:AqwhmkQ80
「あなたたちは、植木屋が入らない庭園が、
いかに自分だけで美の秩序を保っているのかを見たことがないのか?」

ロダン

39 :名前は誰も知らない:2006/12/15(金) 03:35:23 ID:xLhrRpuF0
ああ、アカイア人達よ。お前達が殺したのだ。殺したのだよ。
何の咎も無かったムゥサの夜鶯を。

アイスキュロス(パロミデス)

40 :名前は誰も知らない:2006/12/15(金) 15:35:27 ID:/ZPm/ZT90
最悪の中で最善を見出す。

三船久蔵

41 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 12:33:46 ID:iLbFz5030
心の安らかさを住み家とし、気楽な生活を守るという人生態度の味わいは、
(一時的な濃厚さはないが)、きわめて淡白であり、またその楽しみも最も永続きするものである。

洪自誠

42 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 12:37:19 ID:iLbFz5030
最善の努力をしてみよう。
その結果は努力しないよりもはるかによい結果が得られるはずだ。

43 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 12:39:55 ID:iLbFz5030
我々は、いっそう高い格言を、それが世界のために役立つ限りにおいてのみ述べるべきだろう。
それ以外のものは、自分一人の胸中にしまっておけばいい。
それでもそれらは、雲間に隠れた太陽のなごやかな光のように、
我々の行動の上に輝きを投げ掛けようとするし、また事実投げ掛けることだろう。

44 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 12:44:44 ID:iLbFz5030
結局のところ、何を自分で得るのか、それを他人から得るのか、
また自力で活動するか、他人の力を借りて活動するかというような事は、すべて愚問だね。
つまり大事なことは、優れた意志を持っているかどうか、
そしてそれを成就するだけの技能と忍耐力を持っているかどうかだよ。
そのほかのことはみな、どうでもいいのだ。

45 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 12:48:19 ID:iLbFz5030
われわれはただ、黙々と正しい道を歩み続け、他人は他人で勝手に歩かせておこう。
それが一番良いことさ。

>>42-45 ゲーテ

46 :名前は誰も知らない:2006/12/16(土) 21:08:14 ID:Q0+dDuOT0
『卑怯者は群れがあるときに居丈高になる』

47 :名前は誰も知らない:2006/12/17(日) 06:34:08 ID:ady8N2Se0
とりあえずここで自分の脳内ポエム垂れ流してるやつは痛いしキモイ

48 :名前は誰も知らない:2006/12/17(日) 09:38:54 ID:4vQa/dtN0
このスレを
開いたあなたも
素質あり

みつを


49 :名前は誰も知らない:2006/12/17(日) 21:48:57 ID:kJ7q7/4y0
ああ、詩経に「我が想う事多くして、我に憂いを残さしむ。」と有るのは、私の事だ。

春秋左氏伝

50 :名前は誰も知らない:2006/12/18(月) 00:11:12 ID:F7Gt3yqN0
>>47
ちゃんとアンカーつけろ。
具体的にどれをさして言ってるのか判らんことには無視される。

それに、誰の格言か書いてないだけで、
調べてみたら有名人の言葉だったってものも過去にはある。

…もしかして俺は釣りにレスしてるのか?

51 :名前は誰も知らない:2006/12/19(火) 22:53:22 ID:m9Il0rQa0
先生はママと
政府は火星人と
警察は悪い人と

僕の知らないとこで
とっくに話がついてる
それって談合社会

52 :名前は誰も知らない:2006/12/20(水) 18:23:02 ID:5HfdA9clO
>>47
ポエムってのは大概、脳内な件。
ってかお前の低能さが一番イタイwww



と、釣られてみましたよ?

53 :名前は誰も知らない:2006/12/21(木) 20:17:40 ID:IQkOnc1d0
昨年のクリスマスの日、仕事の帰りに家の近所のコンビニ行った。
コンビニでヨーグルトに手を伸ばしたら、同じタイミングでOLっぽい感じの人が
同じヨーグルト取ろうとして軽く手が触れた。
お互いさっと手を引いて、その種類のヨーグルトがそれしかなかったから、
俺はどうぞって感じのジェスチャーして弁当だけ買った。

近くの公園でベンチで弁当喰ってたら、さっきのOLが声かけてきて
「半分どうぞ。」
ってヨーグルト(2つくっついてるタイプだったから)くれた。

俺は素直にありがとうって貰って、
何となく二人でベンチに座ってヨーグルトのフタ剥がして
喰う感じになったんだけど、スプーンが一つしかなくて、
お互いそれに気付いてちょっと変な空気が出来たんだけど、
俺箸で喰うから平気だからって箸で喰いだしたらその子笑って
「何かごめんね。」
って。ヨーグルト喰いながらこの辺に住んでるとか仕事の話しとか軽く世間話した。

その子最近この辺に引っ越してきたばっかで、
1人でつまんないみたいな事言っててさ。
俺も最近この辺に引っ越して来たばっかでこの辺の事よく分からないから、
今度一緒に散歩でもしますかみたいな事を冗談っぽい感じで言ったんだ。
断られてへこむのやだしさ。
そしたらその子
「本当に?いいよ、散歩しようよ。」
って。よく見ると小柄で結構可愛い系で
今までそんな可愛い子と縁なんかなかったからすげー嬉しかった。
最終的に隣に寝てる嫁がその子です的な展開になる事を期待して
クリスマスはコンビニにヨーグルト買いに行く予定。

54 :名前は誰も知らない:2006/12/21(木) 23:28:42 ID:hsdW2l1g0
――漂泊者よ、君は誰であるか。
私は君が嘲りもなく、愛もなく、察知しがたい眼をもって君の行く道を見る。
不満の思いであらゆる深底から再び光のうちへ現われる測深鉛のように、濡れて、悲しげにだ。
――君はその深底で何を求めたのか。
――嘆息もせぬ胸をもって、嘔吐を隠す唇をもって、ただゆっくりと掴もうとする手をもってだ。
君は誰であるか、君は何を為したのか。ここで休息するがよい。
ここは誰をでも客として厚遇する場所だ、
――休息するがよい!
そして君が誰であろうともだ。
君がいま君の気に入るのか。
何が君の休息に役立つのか。
それを言ってみるがよい。
私の持っているものを、私は君に提供しよう!
――「休息のためにだと?休養のためにだと?
おお、物好きな君よ、君はそこで何を言っているのだ!
だが、私に与えてくれたまえ、私がお願いしたいのは―― ――」
「何なのか?何なのか?それを言いたまえ!」
――「もう一つの仮面を!第二の仮面を!」――

(フリードリヒ・ニーチェ『善悪の彼岸』)

55 :名前は誰も知らない:2006/12/22(金) 17:06:25 ID:Q8H6qy+00
いつも走りだせば流行の風邪にやられた
僕らがそれでも止めないのは
夢の斜面見上げて行けそうな気がするから

56 :名前は誰も知らない:2006/12/23(土) 05:22:46 ID:TYeXpzuMO
アンパンマンの歌詞

57 :名前は誰も知らない:2006/12/23(土) 18:57:18 ID:dSLbMc7C0
       ∧_∧  Xmas?逃げ切ってやんよ
    ⊂( ・ω・ )
.     ヽ ⊂ )
     (⌒) | ババババ
        三 `J




      ∧_∧  Λ_Λ
    ⊂( ・ω・;) (X'mas)つ
.     ヽ ⊂ ) (つ  (
     (⌒) | | (⌒)
        三 `J  ∪´ 三




         ∧_∧
       ⊂( ;ω; )
   .     ヽ ⊂ )
        (⌒) |
           三 `J
      ∧_∧  Λ_Λ
    ⊂( 同僚 ) ( 彼女 )つ
.     ヽ ⊂ ) (つ  (
     (⌒) | | (⌒)
        三 `J  ∪´ 三


58 :名前は誰も知らない:2006/12/24(日) 10:58:08 ID:q+IVT9AS0
「独身やっかぁ」
ス-ツを脱ぎ捨てると、縦じわでよれよれのモモヒキを整えた。鏡の前に立ち股を開く。
既に出前を注文し、俺のPCは電源のONを待つ。
身体を横にしてテレビを映すと、ニュースを持ち上げて、クリスマス特集がそこにあった。
「俺の男一人のクリスマスだぜ」声に出していう。
「独身はやっぱ孤独」
やおら冷蔵庫の中から、ズルムケ状態の発泡酒を取り出す、手にピーナツをたっぷり取り、逆手で膝頭をこね回す、
「ギシッ、ギシッ」隣家の音が俺の脳内を更に陰鬱にする。
「独りぼっちたまんねぇ」隣家のきしみに合わせて、涙をぽたぽたさせる。
「独りの聖夜にゃあこれだよ」ラッシュを吸い込む。
「スッ、スッ、スッ、スッ」顔から熱くなり、やがて頭の中が真っ白になる。
「独り、独り」「田舎のおふくろ」
頃合いをみて出前ピザが届く。俺は自分のこの現実が嫌いだ。
年老いた両親だけが実家に残り、ぶらぶらの無職のバックに、年金未納で、年をとり、左手でつまみ引っ張り、右手でヌルヌルとピザを切り分ける。
アパートの中の俺は、日本一の寂しい男になっていた。
「ちきしょう誰かに来てもらいテェよ」午前零時が近付くと、いつもそう思った。ラッシュをもう一度効かせ、発泡酒を追加すると、むせび泣きへ向かってまっしぐらだ。
「故郷に錦を飾ってやる」「出世頭のほんまもんの一人息子」
「うりゃ、そりゃ」「ズリュッ、ブチュッ」涙を飛ばしながら、上京当時を思い出す。
「たまんねぇよ」アパートの外から、激しい足音が起こった。やがて奔流となり、俺を驚かす。
-誰だろう- -こんな夜中に-懐疑する気持ちがせめぎあい、俺は玄関に立つ。
「誰かきたっ」俺は膝を直角に曲げ、それに備える。足音は堰を切ろうとしていた。
「もしもし ! 」「開けてくれよ」
宵闇を押し分けて、兄貴達がしゃくり出される。
「よ、よう。お、お、俺と爽快なホモセックスでハメ狂わねえか?」
「すげー寂しそうな表情してんじゃん。俺リバだから3人でやろうぜ!」
雄臭ぇ時間が過ぎ、人生がバラ色に変わる。

59 :名前は誰も知らない:2006/12/24(日) 11:12:44 ID:pAnPVvJNO
>>53なぁそれなんてエロゲ?今日買ってやりたいんだけど

60 :名前は誰も知らない:2006/12/24(日) 11:57:30 ID:hKNkObFQO
無口に飾られた世界たちよ… あなたたちは間違っているよ,僕等が求めるのは活きる為の闘争じゃない筈なんだ… 夢で見た淡い七色の光と画も云われぬ美しい匂い… 人は産まれ直ぐに消え往く運命(さだめ)を演じているだけなんだ… さぁ,僕ついておいで…。

61 :名前は誰も知らない:2006/12/26(火) 23:22:25 ID:sqR7g/JK0
バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
局の子にお昼おごらされたり、派遣社員の子から高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。
皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
学生のイジメのようにバカにして嫌な事押し付けたりしていた。
もともとその子を優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
この子なら断らないかもと思った俺は彼女を休日に食事に誘ってみた。
生まれて初めて女性からOKをもらい、嬉しくて店を色々調べて下準備し、
当日は思いきりお洒落してピカピカに洗った車で迎えに行き、
頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、家まで送り届けた。
とても楽しくて何度も誘った。彼女も楽しんでくれていると思った。
段々好きになって今度告白しようと決心して食事に誘った時、
「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」と言われた。
彼女の顔は気の毒になる位必死だった。きっと決死の思いで言ったのだろう。
「ほら〜!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!今度から嫌な事
頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!俺、ずっと麻衣が
何言っても断れないの、心配したよ!」
と、俺は泣き出しそうなのをこらえて出来るだけ明るく元気に取り繕った。
彼女はとてもホッとしたような顔をして何度も俺にお礼を言った。
俺から好かれている訳じゃない事がわかって、そんなに嬉しかったのかな。

昨日の話です。もう色恋は諦めますた。一生童貞でかまいません。

62 :名前は誰も知らない:2006/12/27(水) 00:06:41 ID:5iBGepR+0
お前は、自分より才能の劣る人間が本当にお前を負かす事が出来る事を、信じられないでいる。
しかし、私達は凡人の時代に住んでいるのだ。凡人は、鈍感で特徴が無く退屈な存在だが、
−最後には常に勝つ。(中略)彼らには頭脳が無い。しかし何千本もの腕でもってお前につかみ掛かり、
しがみつき、引きずり下ろす。

トレヴェニアン (シブミ)

63 :名前は誰も知らない:2006/12/28(木) 02:58:46 ID:vDJDmcQ5O
>>62
それ実話かよ‥?
だったら…









カッコイイぜお前

64 :名前は誰も知らない:2006/12/28(木) 02:59:27 ID:vDJDmcQ5O
間違えた
>>61

65 :名前は誰も知らない:2006/12/28(木) 04:00:35 ID:5x8jC8jy0
孤独というのは良いものです。
もちろん、孤独で通そうとすれば、世間には常軌を逸した行為だと思われますが、
そんなことはどうでもよいことです。
私は私の樽を転がせばそれでよいのですから。聖ディオゲネスのように。
新聞を読むことをやめてから、私は毎日を本当にすっきりとした気分ですごしています。

ゲーテ

66 :名前は誰も知らない:2006/12/28(木) 04:35:52 ID:9lU2f5RgO
>>61
わろす

67 :名前は誰も知らない:2006/12/30(土) 12:53:57 ID:xe+sGAo8O
勝利の女神は嫉妬深い

これを心の中で何度も唱えて、クリスマスは孤独に受験勉強した

68 :名前は誰も知らない:2006/12/30(土) 13:05:53 ID:wfcy+3O60
ウホッ、良い言葉

俺も自分に甘い所あるから肝に銘じさせてもらおう
受験、頑張れよ

69 :名前は誰も知らない:2006/12/31(日) 11:30:33 ID:Q35LGQtiO
>>68
ありがとう。女と楽しそうにしてるやつらには負けられん

70 :名前は誰も知らない:2007/01/04(木) 01:31:17 ID:/7WDcuhw0
最悪のときは、地獄の景色を覚えておこう。

今年大学院試験に失敗した俺を助けてくれた一言。
2月の後期試験がんばりますYO。

>>67
試験合格するといいですね。
お互いがんばりましょう。

71 :名前は誰も知らない:2007/01/04(木) 01:32:56 ID:/7WDcuhw0
最悪のときは、地獄の景色を覚えておこう。

今年大学院試験に失敗した俺を助けてくれた一言。
2月の後期試験がんばりますYO。

>>67
試験合格するといいですね。
お互いがんばりましょう。

72 :70-71:2007/01/04(木) 02:09:25 ID:6sXjKRS40
二重カキコスマソ。
俺かっこ悪い…

73 :名前は誰も知らない:2007/01/05(金) 00:19:12 ID:x1q2+CvtO
気にすんな。
試験頑張れ!

74 :名前は誰も知らない:2007/01/06(土) 20:12:06 ID:97R2xFRT0
私が宗教を信じるのは、天国や極楽に行くためではなく、美しい人間でいるためです。

内村鑑三だったかな

75 :名前は誰も知らない:2007/01/09(火) 01:43:08 ID:qXkQnrU60
どれだけ歩いたら人は人として認めて貰えるのだろう
幾つの海を越えたら白い鳩は砂地で安らげるのか


友よ 

 
その答えは風に吹かれている




              えーっと、ボブ・ディラン


76 :名前は誰も知らない:2007/01/09(火) 02:06:54 ID:PSCeZSQx0
ありがとう

77 :番組の途中ですが名無しです:2007/01/09(火) 03:19:13 ID:/V4EJehV0
>>30
ドラクエ6か
思い出したわ

78 :名前は誰も知らない:2007/01/09(火) 21:11:34 ID:epi8peA40
>>75
ライクアローリングストーンもいいよね

79 :名前は誰も知らない:2007/01/09(火) 22:27:49 ID:1XFAfYiY0
今日読んだ絵本にのっていた言葉


「俺には出来ない」って言えるほど頑張ったっけ?

80 :名前は誰も知らない:2007/01/09(火) 22:55:36 ID:HnzaX3i90
疲れているものや重荷を背負うものは私のもとに来なさい。
あなたを休ませてあげよう。

新約聖書

81 :75:2007/01/10(水) 01:09:05 ID:3mYfWSQa0
>>78
いいですね・・・




82 :名前は誰も知らない:2007/01/10(水) 15:25:19 ID:2aPhOObr0
ちょっと前までは「こんな自分じゃだめ」「もっとがんばって認められたい」と、目標を掲げて、それなりに努力して何かを達成したり、
常に前向きなほうだったと思います。でも、ストレスで体調を崩したり、バイト先や家族を含めた何人かに嘘をつかれ利用された経験から
、自分はクソ真面目なだけで大した能力はない、愚かだったと思い知らされました。努力して手に入れたことにも、価値を感じなくなりました。

最近は、もうがんばりたくない、今の自分でいい、自分にも他人にも何も求めず、のんびり暮らしたいという心境です。ある意味、楽にはなりました。

ただ、「どうせ〜」というひねくれた無力感や人間不信からか、特に就活への気力をなくしています。生きるために必要と頭ではわかるのですが、
嫌々やっていて、そのことに罪悪感を感じます。

83 :名前は誰も知らない:2007/01/10(水) 21:25:21 ID:nt4XoWfO0
ところでいったい何にたいして君は不満をいだいているのか。
人間の悪にたいしてか。つぎの結論を思いめぐらすがよい。
理性的動物は相互のために生まれたこと、
互いに忍耐し合うのは正義の一部であること、
人は心ならずも罪を犯してしまうこと。
また互いに敵意や疑惑や憎悪をいだき、槍で刺し合った人びとが
今迄にどれだけ墓の中に横えられ、焼かれて灰になってしまったかを考えて見るがよい。
そしてもういいかげんで心を鎮めたらどうだ。

マルクス・アウレーリウス

84 :名前は誰も知らない:2007/01/11(木) 00:34:28 ID:ZQqf4woC0
力を捨て和を重んじ礼を尽くすが『勇』なり
争い求め言動過ぎたるは『蛮』なり

85 :名前は誰も知らない:2007/01/11(木) 01:47:00 ID:5JwNxE1s0
    

      男がひっさげる言葉はただひとつ




                     キープ・オン・ロッキン!




         

86 :名前は誰も知らない:2007/01/11(木) 02:03:15 ID:z8vqQDLJ0
所詮、他人を完全に理解することは不可能なのだよ

87 :名前は誰も知らない:2007/01/11(木) 02:42:18 ID:d3sVENvr0
そして、銅像はいうのだ。

間もなく
われらのあとを継ぎ
そして
やがては死んで行く
われらが少年少女のために

H・Dコグスウウェル*により寄贈された


27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)